コーヒー党に朗報、一日5杯で長生き!?

香りや苦みの元がカラダの酸化を防ぐ!

 朝イチのコーヒーを毎日の習慣にしている人は多いことでしょう。最近では、街のカフェやコンビニエンスストアなどで、いつでも気軽に淹れたてを味わうことができ、コーヒー好きには恵まれた環境が整っています。

 そんなコーヒー好きに朗報!? コーヒーを日常的に飲む人のほうが、飲まない人よりも長生きできるという研究結果が、11月16日「Circulation」オンライン版に掲載されました。しかも、心疾患やパーキンソン病などの神経疾患により早期に死亡するリスクも低くなるといいます。コーヒー党ではない人にも気になる結果です。


ダウンロード.jpg



20万人以上を対象にした30年以上の調査を解析

 この研究は、米ハーバード公衆衛生大学院(ボストン)栄養学・疫学教授のFrank Hu氏らが、米国の医師・看護師・医療従事者20万人以上を対象に約30年以上繰り返し行った調査に基づいて解析を行ったものです(この調査期間中に約3万2000人が死亡)。

 その結果、最初の調査時に1日あたり1〜5杯のコーヒーを飲んでいた人は、高血圧などの健康障害を考慮しても、調査期間中に死亡する危険性が低く、特に心疾患、脳卒中、神経疾患、自殺による死亡率が低かったといいます。

 喫煙者を除外して検討すると、この関係はさらに強く、1日あたり3〜5杯のコーヒーを飲む人は、飲まない人に比べて期間中に死亡するリスクが15%低く、コーヒー摂取量が最も多い人(5杯以上)でも12%低くなっていました。レギュラーコーヒーだけでなく、カフェイン抜きのコーヒーであっても、長寿に関連することもわかりました。

 「適度なコーヒー摂取と、さまざまな疾患の発症リスク低下を関連づける研究は多数ある。コーヒーと健康への便益が関連する理由は不明だが、他の研究では、その成分が炎症を軽減し、抗酸化物質として作用し、血糖の調節を改善することが示唆されている」とHu氏は話しています。


コーヒーに含まれるポリフェノールがいいのか?

 研究では、死亡率が下がる原因は不明としていますが、コーヒーに含まれるポリフェノールのクロロゲン酸が少なからず関与しているのとみられます。

 コーヒーに含まれる成分といえば、真っ先にカフェインを思い浮かべる人が多いに違いありません。しかし、コーヒー豆に含まれるカフェイン量が1〜2%に対し、クロロゲン酸は5〜10%といわれます。


main4-1gif.jpg


 ポリフェノールとは、植物に含まれる色素成分で苦みや渋みの元にもなっている有機化合物のことで、体のサビを防ぐ抗酸化作用があります。チョコレートやココアのカカオポリフェノール、緑茶に含まれるカテキン、ブルーベリーなどに含まれるアントシアニン、そばに多く含まれるルチンなどはよく知られています。

 なかでも赤ワインには、アントシアニンをはじめタンニン、カテキン、レスベラトール、エラグ酸など多くのポリフェノールが存在するといいます。赤ワインをよく飲むフランス人に心疾患の死亡率が低いのは、このポリフェノールのおかげではないかと言わるほどです。

green-coffe-img04.png

    クロロゲン酸が多く含まれる食材(100g中)


 コーヒー1杯に含まれるポリフェノールは約280mg。赤ワインと同程度で、緑茶の約2倍です。コーヒーの独特の香りや苦みの元となっているクロロゲン酸は、ほかのポリフェノール同様、活性酸素による体の酸化を防いでいます。体に悪いわけはありません。

 もちろん、覚醒作用・利尿作用があり、交感神経を刺激するカフェインの存在もあります。その効能を有効に使うためには、朝の目覚め、会議の前などに飲んで、頭をすっきりさせてはどうでしょうか。

 ただし、カフェインの覚醒作用は8時間以上続くといわれています。過剰な摂取で眠れなくなった、胃が痛くなったということがないよう、1日5杯を目安に夕方以降は飲まないよう心がけましょう。

(HealthPressより画像追加)
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する