現代病「スマホ依存症」が招く、さらに深い闇

 もはや人の姿はスマホを手にして完成する、と言ってもよいほど、誰も彼もがスマホを手にしています。総務省の調査では、すでに60%超がスマホを所有しており、20代に至ってはなんと94%がスマホを持っているといいます。



「スマホ依存症」の傾向は全体の8割に!

 スマホは、できることが多彩です。さまざまな調べ物がこれ1台で賄えるし、SNSやメールなどで人々がつながり合っている、あるいはそんな気持ちでいられます。ゲームで遊べるし、写真や動画も撮れます。音楽や映像も鑑賞できれば買い物もできます。

 そして何よりも、これだけの機能を持ち歩けるのです。もはや便利すぎてこれがなければ暮らしていけない、という気持ちになるのは当たり前なのかもしれません。

 そして、よほど冷静で自制心がなければ、「スマホ依存症」への道を、まっしぐらです。MMD研究所という調査機関のアンケートによれば、スマホを持っている15歳~59歳の男女の内「スマホにかなり依存している」と「やや依存している」の合計は、全体の8割を超えたと言います。つまり、スマホを持っている人のほとんどが、スマホに依存しているという自覚を持っています。この傾向は20代ではさらに強まるといいます。

 それでは、そんなスマホに依存している自分を何とかしなければならない、と思っているかというと、そうでもないらしく、同アンケートでは、約半数の人たちが「デジタルデトックス」によって、スマホ依存から抜け出す必要性を感じていないと答えたからです。つまり、多くの人がスマホに依存してる状態を、それはそれで構わないと考えていることになります。

 自分ひとりがスマホ依存症になるのは自由ですが、社会への影響は考えた方がよさそうです。スマホを見ながらの「歩きスマホ」で人にぶつかったり、駅のホームから落ちたり、側溝に嵌まったりといった事故も多いといいます。このような人たちは、歩く時は歩く、食べるときは食べる、というようにけじめを付けることが難しくなっています。そのうち、食事中にスマホを見ていることも、行儀が悪いとは思われなくなるでしょう。


スマホがリアルなコミュニケーションを阻害する

 このようにスマホ依存症になると、「ファビング(Phubbing)」という、リアルなコミュニケーションを阻害する症状が現れるから注意が必要です。つまり、スマホの画面が気になって、今そこでリアルに行われている会話や会議、指示といったことが上の空になってしまうという症状です。

 「歩きスマホ」や「ファビング」以外にも、スマホ依存が高まると、ブルーライトを見過ぎて睡眠障害になったり、長時間頭を下げた姿勢でいることによる肩こりや頭痛、酷ければ「ストレートネック」といった症状が出てきます。また、ずっとスマホを持っているために指が変形してしまい、しびれや痛みを発する「テキストサム損傷」という症状も出ることがあります。これは因果関係がまだ明確ではありませんが、鬱にもなりやすくなる、と見る向きもあり、注意が必要です。


重度の依存症「ノモフォビア」とは?

 なぜ、スマホ依存症になってしまうのでしょうか。常に最新のニュースを知ることで社会とつながっていたい、SNSやメールで誰かとつながっていたい、といったことでしょうか。あるいは、ゲームを始めると点数を上げることや次の面のことが気になって仕方がない、といったこともあるかもしれなません。人とつながっていたいがために、現実のコミュニケーションが阻害されたり薄くなっているという、逆転現象です。むしろ、スマホ依存症の人たちは、直に人と触れ合ったり物に触ったりすることは苦手になるらしく、その結果、当然ながらスマホのヘビーユーザーとなり、多くの人がモバイルバッテリーを手放せなくなっていきます。

 重度のスマホ依存症になってくると、「ノモフォビア(nomophobia:No-Mobile-Phone -Phobiaの略)」という症状が出てきます(「孤独恐怖症」を意味する“モノフォビア”とは異なるが、ある意味同義に近い)。「ノモフォビア」は、スマホのバッテリーが切れたり電波が届かなくなったり、あるいはスマホを忘れたことに気付いた途端にパニックになってしまう症状で、人によっては、声を上げたりするといいます。つまり、もはやスマホがなければ、人や社会とつながれないという錯覚に陥っているのです。


NoPhone_Outside-e1437812403849.jpg


 以上のようなスマホ依存症を断ち切るための珍妙なガジェット(?)が登場して、奇妙なことに、人気になっています。その名も「NoPhone」。この「NoPhone」はスマホの形をしたプラスティックの板です。従ってスマホが持っている、全ての機能を持っていません。その代わりバッテリー切れの心配はないし、洗面所に落としても全く問題ありません。通信費も不要です。


「NoPhone」はおしゃぶりのようなもの

 こんな物、何に使うのか? 早い話がおしゃぶりのようなものです。「NoPhone」の公式サイトには次のように書かれています。

 我々は、人々に彼らが望むもの──直接のアイコンタクトやより良い会話の技術といったひとつの命──を与えるために「NoPhone」を販売している。スマートフォンを超えた命。「NoPhone」の命。

 もし、自分がスマホ依存症だと思ったら、少しスマホとの距離を見直してもいいかもしれません。「NoPhone」を買わなくても、歩くときは歩く、食べるときは食べる、仕事をするときは仕事に専念する、人と話すときは相手の目を見て話す……。便利な物を便利に使いこなすことは大いに結構なことですが、何事も節度をわきまえないと、病むことになります。

                          (FUTURUSより要約)

スマホ依存症のチェックリスト

1.スマホを忘れてしまった日は、とても不安になる

2.TPOをわきまえず、無意識にタッチパネルを触っている

3.「スマホの充電ができるかどうか」「Wi-Fiがあるかどうか」などで、入るお  店を決める

4.財布を忘れていても、スマホだけを持っていることがある

5.朝、目が覚めて寝転がったまま、ニュースやSNSをチェックする

6.わからないことは、すぐにスマホで調べる

7.スマホの充電器を忘れたらつい買ってしまうので、いくつも予備を持っている

8.着信していないのに、スマホが振動した錯覚に陥る

9.スマホを握ったまま眠ってしまう

10.食事中にスマホを見ていることが多い

11.スマホの電波の届かない(届きにくい)ところには行きたくない

12.フェイスブックなどに書き込むネタを作るために行動することがある

13.もしソーシャル・ネットワーキング・サービスがなかったら、人間関係がな  くなると感じる

14.会議や宴会中などでもフェイスブックやツイッターが気になり、スマホをみ  てしまう

7個以上チェックが付いた方は要注意!

                         (幸せ思考のススメより)
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する