モニカ・ハジェット&アンサンブル・ソネリー

 モニカ・ハジェットは1953年ロンドンに生まれの女流ヴァイオリニストです。6歳からヴァイオリン教育を受け、16歳で王立音楽院ヴァイオリン科に進み、早くも音楽院に在籍中からバロック・ヴァイオリンとの関係を深め、とりわけこの楽器の研究に没頭ました。

 1980年にトン・コープマンとアムステルダム・バロック管弦楽団を結成し、1987年までコンサート・ミストレスを務めていました。ソリストとしてその他の古楽器オーケストラと共演しています。


m_Trio20Sonnerie_1.jpg


 1982年に、チェンバロ奏者のジェイムズ・ジョンストーンらと古楽器アンサンブル「トリオ・ソネリー」を結成、他の演奏者も迎えアンサンブル・ソネリーとしても演奏活動をしています。


 最初にトリオ・ソネリーの演奏でヴァイオリンと通奏低音のためのソナタ ト長調(BWV1021)をお聴きください。この形式の作品には偽作が多いのですが、この作品はBACHが上声部を書いたことが保証されています。

アダージョ ー ヴィヴァーチェ ー ラルゴ ー プレスト



 「音楽の捧げもの」BWV1079は全曲聴けますが、トリオ・ソナタをリンクしておきます。メンバーはモニカ・ハジェット(violin)、サラ・カニングハム(viola da gamba)、ゲイリー・クーパ(Cembalo)、ウィルバート・ヘイゼルゼット(flute)、ポール・グッドウィン(oboe, oboe d'amore, oboe da caccia)、 パヴロ・ベズノシウク(violin, viola, tenor viola)、フランシス・ユースタス(Fagotto)です。







 アンサンブル・ソネリーは教会カンタータも演奏しています。復活節前第9主日(今年は1月24日)1727.2.9にライプツィヒで初演されたソプラノ独唱用のカンタータ「わが幸いに心満ちたり」BWV84は、カナダの美声ソプラノ歌手、ナンシー・アルジェンタを起用しています。アンサンブル・ソネリーの演奏レベルも高く、素晴らしい演奏です。1993年の録音です。




わが幸いに心満ちたり(BWV84)

1.アリア

Ich bin vergnuegt mit meinem Gluecke,              

私は幸福に満ち足りている

Das mir der liebe Gott beschert.    

それは愛の神が与えてくださったもの。

    Soll ich nicht reiche Fuelle haben,               

豊かな富は持てないとしても

So dank ich ihm vor kleine Gaben              

私はささやかな賜物を神に感謝する

Und bin auch nicht derselben wert.              

それすら私にはすぎたものなのだから。

2.レチタティフ

Gott ist mir ja nichts schuldig,                   

神は私に何の借りももっておられない

Und wenn er mir was gibt,  

神が何かを与えて下さるとすれば

So zeigt er mir,dass er mich liebt;                 

それは神の愛のしるし。

Ich kann mir nichts bei ihm verdienen,              

私は神に何の功績も示せない

Denn was ich tut,ist meine Pflicht.                

私のすることは私の義務なのだから。

Ja!wenn mein Tun gleich noch so gut geschienen,      

そうだ、私の行為が良く見えても

So hab ich doch nichts Rechtes ausgericht'.           

正しいことをしたわけではない。

Doch ist der Mensch so ungeduldig,                

それなのに人間は忍耐を知らず

Dass er sich oft betruebt,                         

しばしば嘆くのだ、

Wenn ihm der liebe Gott nicht ueberfluessig gibt.        

神が十分に与えて下さらない時には。

Hat er uns nicht so lange Zeit                    

神はこんなに長い間私たちを

Umsonst ernahret und gekleidt  

ただで養い着せて下さった、

Und will uns einsten seliglich                    

そして終わりの日には祝福して

In seine Herrlichkeit erhoehn?                     

栄光へと高くあげて下さるのだ。

Es ist genug vor mich,                         

私にはこれで十分です。

Dass ich nicht hungrig darf zu Bette gehn.           

空腹をかかえて床に入らなくてすむのですから。

3.アリア

Ich esse mit Freuden mein weniges Brot            

私は喜んでわずかのパンを食べ、

Und goenne dem Naechsten von Herzen das Seine,      

隣人の分け前を心から認めます。

Ein ruhig Gewissen,ein froehlicher Geist,            

安らかな良心、明るい精神、

Ein dankbares Herze,das lobet und preist,           

神をあがめ賛美する感謝の心は

Vermehret den Segen,verzueckert die Not.           

祝福を増し、苦難をやわらげる。

4.レチタティフ

Im Schweisse meines Angesichts                 

ひたいに汗しながら

Will ich indes mein Brot geniessen,               

私は自分のパンを食べよう。

Und wenn mein Lebenslauf,                    

そうすれば私の生涯が終わり、

Mein Lebensabend wird beschliessen,              

人生の夕暮れが来た時、

So teilt mir Gott den Groschen aus,               

神は私に労賃を分け与えて下さり、

Da steht der Himmel drauf.                     

天国がそこに開かれるだろう。

O!wenn ich diese Gabe                        

ああ、この賜物が

Zu meinem Gnadenlohne habe,                   

私の労賃なら、

So brauch ich weiter nichts.                     

ほかに何も私はいりません。

5.コラール

Ich leb indes in dir vergnueget

私はあなたにあって満ち足りて、

Und sterb ohn alle Kuemmernis,

何の心配もなく死ぬのです。

Mir genueget,wie es mein Gott fueget,

神のはからいに私は満足しています。

Ich glaub und bin es ganz gewiss:

私は信じて迷いません、

Durch deine Gnad und Christi Blut

あなたの恵みとキリストの血によって

Machst du's mit meinem Ende gut.

私の最後をあなたは守って下さいます。

対訳:川端 純四郎

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する