国連が食べることを勧める10の昆虫 (閲覧注意!)

 日本でいう「食虫」は英語ではエントモファジー(Entomophagy)といいますが、これは成虫だけでなく、卵やサナギや幼虫も含まれており、来るべき食糧難に備え、貴重なたんぱく源として、国連も虫を食べることをバックアップしています。個体的に言えば昆虫は地球上で相当数を占め、養殖も容易なので種が絶滅する危険性も低いのもその要因でしょう。

 国連が最近発行した報告書によると、食べられる虫は1900種類以上いるそうですが、実際に人間が虫を食べる文化は世界中にあり、調理次第ではおいしく食べられる食用昆虫は多く存在します。


1. タランチュラ


1.jpg


 クモは驚くほどタンパク質が豊富です。中でもタランチュラは、世界中で珍味として堪能されています。揚げタランチュラは、カンボジアのような地域で好んで食べられています。特にpingというタランチュラは、人の手のひらほどもあり、タイゼブラ(写真)という種類は、多くのレストランでも定番メニューとして普通に出てきます。昆布のうまみ成分MSGと、つぶしたガーリック、砂糖、塩をまぶして揚げれば、理想的な軽食またはメインにもなります。


2. ミルワーム(ゴミムシダマシ)


2.jpg


 幼虫が、ディナーテーブルにすばらしい色を添えてくれます。この虫はオランダで飼育され、栄養価がとても高く、銅、カリウム、ナトリウム、セレンなどを含み、体の免疫力をつくりあげる元になり、髪や爪の健康にもいいといいます。また、多価不飽和脂肪があるため、最適な脳内環境を整えます。オーブンに焼くだけで簡単に調理でき、チョコレートをかければ、すばらしいスイーツにもなります。


3. カメムシ


3.jpg


 Encosternum delegorguei は、もっとも人気の食用カメムシです。ほかの虫よりも成長が早く、寒さで動きが鈍くなっている明け方に収穫します。弱火で煮て、彼らの持っている防衛のためのあの独特なにおいをとります。この需要なステップが済んだら、スープやサンドウィッチなど、好きなように料理できます。


4. シロアリ


4.jpg


 シロアリは、およそ38%のタンパク質をもっていて、健康食品としてとても価値があります。 Syntermes aculeosusは、ベネズエラ産の種で、64%ものタンパク質をもっています。また、鉄分、脂肪酸、トリプトファン、カルシウムも豊富に含み、このことから彼らは最適なヘモグロビン値や、骨密度を保つための良質な食糧源なのがわかります。シチューやカレー、スープ、サラダなどに広く使われています。


5. イモムシ


5.jpg


 アジア地域では有名な食材。イモムシの燻製は、北ザンビアの一部で珍重されている珍味。三ヵ月まで保存することができるので、悪天候に左右されず、長期間食べ物の保存ができない場合でも、頼れる食料源になります。タンパク質の含有量は25~35グラム、脂肪は20グラム、炭水化物はなし。ターキーの足一本の栄養分よりも勝ります。


6. 甲虫


6.jpg


 メキシコでは、この虫にライムとトウガラシをふりかけて炙って食べます。chapulineとして知られる珍味です。タンパク質とカルシウムが豊富で、とてもカロリーの高い虫です。ほかの虫よりも美味で、たっぷりの油で揚げるのがベスト。揚げる前に茹でると、固い外皮が柔らかくなります。オレガノやレモン汁をふりかければ、最高のスナックになります。


7. サソリ


7.jpg


 中国では特別な食材で、最初に毒素を取り除くために高温の油を使って、強火で手早く炒めます。それから、スパイスや香草にまぶして揚げ、炊き立てのご飯と一緒に食べます。味はエビに似ていて、タンパク質を多く含んでいるため、高タンパク食を処方されている人には特にお薦めです。


8. ハチ


8.jpg


 ミツバチやススメバチは、アフリカ、オーストラリア、メキシコ、アメリカなどさまざまな地域でおいしいスナックとして食べられています。

 本体のハチは一般的に幼虫の段階で食べますが、針のないハチはそのままバリバリ食べます。ハチの子(まだ卵の中にいる幼虫か、ハチの巣にいるサナギ)は、ピーナッツかアーモンドの味がします。スズメバチは松の実のような味がするといいいます。


9. コオロギ


9.jpg


 この虫はさまざまな方法で食べられています。プロテインバーやハンバーガーに使われるパウダーまで、コオロギは食品業界のいたるところに浸透しています。

 高タンパクなので、急性タンパク質欠乏症、甲状腺や副腎の機能不全の人にも処方されます。オランダでは大人気で、研究者は普通の肉と比べて栄養価も高いと言っています。特にマグネシウムはビーフより5倍も高く。日本でもイナゴが食されている地域がありますが、味も香ばしくておいしいそうです。


10. ゴキブリ


10.jpg


 信じられないかもしれなませんが、ゴキブリも種によってはおいしい昆虫食となります。バーベキューの煙でいぶし、ホワイトペッパーをかけると最高に美味なのだそうです。

 タンパク質が豊富な珍味で、世界中であらゆる年齢層の人たちに広く食べられていますが、特に中国が盛んです。津南産のゴキブリは最高級品で、村にとってこの虫は費用効果の高い生き物なので大規模に飼育しています。天日干ししたゴキブリは手ごろで、エネルギー補給のためにナッツやプロテインバーをストックしておくのを忘れてしまうぐらいだそうです。

(HealthyPanda―翻訳:カラパイアより)
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する