ジョシュア・リフキン&バッハ・アンサンブル

 アメリカの鍵盤奏者ジョシュア・リフキンにより1978年に設立されたバッハ・アンサンブルは、オリジナル楽器でのバロック音楽に専念するアメリカの優れたグループの一つとして名声を得ています。

 リフキンは1981年11月のアメリカの音楽学会において、「BACHの声楽作品の一部は各パート1人で演奏した」という画期的な発表を行いました。OVPP(One Voice Per Part)は室内楽的なその響きが、BACHのポリフォニーに映えてより美しさが際立つと主張しています。


semf-2014--7-june-100.jpg


 カンタータの演奏では合唱団を用いず、コラール(合唱)などもすべて4人の歌手で歌っています。


 リフキンの演奏するBACHの殆どがカンタータやミサ曲なのですが、管弦楽曲では復元されたオーボエ協奏曲ニ短調(BWV1059R)がYoutubeにありますので、まずお聴きください。第2楽章はカンタータ「片足は墓穴にありてわれは立つ 」BWV156から復元しています。オーボエ奏者は設立メンバーのステファン・ハマーです。



 次にOVPPで演奏した教会カンタータの名作目覚めよと呼ぶ声あり」BWV140から冒頭の合唱をお聴きください。ポリフォニーの美しさが際立ちます。




1.合唱

Wachet auf, ruft uns die Stimme    めざめよと 呼ばわる

Der Wächter sehr hoch auf der Zinne,  ものみの 声 高し

Wach auf, du Stadt Jerusalem!     めざめよ イェルサレム

Mitternacht heißt diese Stunde;      やみよの この時

Sie rufen uns mit hellem Munde:    あきらけき 声 あり

Wo seid ihr klugen Jungfrauen?      さとき おとめ いずこ

Wohl auf, der Bräutgam kömmt;        主は いま 来まさん

Steht auf, die Lampen nehmt!      かかげよ 火を

Alleluja!       アレルヤ

Macht euch bereit      そなえよ

Zu der Hochzeit,     うたげを

Ihr müsset ihm entgegen gehn!   主を むかえまつれ

                           対訳:大村恵美子


 80年間ほどの間、行方不明になっていた「結婚カンタータ」BWV216オリジナル・パート譜が、2004年に日本で再発見され、世界中を驚嘆させました。この曲は1728年2月5日、ライプツィヒの商人J.H.ヴォルフとツィッタウの関税吏の娘、S.R.ヘンペルの婚礼のためBACHによって作曲され、ワイン酒場での結婚式の際に上演されましが、その総譜は失われ、ソプラノ、アルト譜が、数奇な運命ともいえる時間のなか、ピアニスト原智恵子の遺品から発見されました

 このパート譜を基にジョシュア・リフキンによって復元されました。その中から第3曲ソプラノのアリアだけがYoutubeで聴けます。




 手元に翻訳された歌詞がありませんので、ドイツ語の歌詞を転記します。ソプラノはスウェーデンのオペラ歌手、スザンヌ・ライデンです。

Aria( S )

Angenehme Hempelin,

Deine Seel ist sonder Mängel,

Dein Gesicht ist wie der Engel,

Englisch ist dein ganzer Sinn,

Angenehme Hempelin.

Allerliebste Hempelin,

Du, du warest meine Zier,

Aber seit du nicht bei mir,

Ist auch meine Krone hin,

Allerliebste Hempelin.


 通常は大合唱で演奏されるミサ曲ロ短調(BWV 232はOVPPというより各パートを2人づつで歌っています。一部の愛好家からは音楽の細部の聞くことができると、高く評価されています。

 歌手はジュディス・ネルソン、ジュリアン・ベアード(S)、ジェフリー・ドゥーリー、ドリュー・ミンター(CT)、フランク・ホフマイスター(T)、ヤン・オパラッハ (B)他すべてアメリカの歌手です。


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する