かつて音楽は神経を冒す病原体と考えられていた?

 心に強力に作用する音楽は、科学および社会と奇妙な関係を持っています。現在、様々な症状を癒す道具として使用されることもありますが、同時に対テロ戦争の捕虜を拷問するために利用されることもあります。そして、実はごく最近まで精神疾患と結び付けられ、神経を冒す病原体のようなものと考えられていました。


ec14fc56.jpg



欧米の医学界における音楽と精神疾患の歴史 

 事実、ヨーロッパとアメリカの医学界には、単なる音楽鑑賞を心の病や情緒不安定と結び付けて考えてきた長い歴史があります。音楽は一般的には認められた芸術であり、文化の不可分の要素でもありましたが、あまり好意的ではない見方もありました。

 数百年にもわたって、医師たちは音楽が与える健康への悪影響について記してきました。神経への過剰な刺激から洗脳まで、様々な医学的な説が唱えられ、長時間の音楽鑑賞や不適切なジャンルの音楽を聴くことで精神が侵される機序が説明されてきました。

 病的な音楽というコンセプトを発展させるための学説のほとんどはナンセンスであった、とイギリス、ニューカッスル大学の歴史家ジェームズ・ケナウェイ氏は、科学誌『プログレス・イン・ブレイン・リサーチ』の中で論じています。「本質的に性、ジェンダー、社会秩序、自制に関連する音楽への道徳的反対が医学用語の皮をかぶったものであることは明らかだ」といいます。

 医師の大きな勘違いの歴史を知ると胸がざわつきます。しかし病的な音楽の歴史からは、科学の”非”実践についていくつか教訓を得ることもできます。「医学の権威がさらに社会的課題となったとんでもない例である…科学的証拠の解釈について批判的思考を行う重要性に関する警告となるはずだ」とケナウェイ氏は論じています。


980x.jpg



病原体としての音楽

 16世紀や17世紀の解剖学者は、耳と聴覚神経の理解を深めました。これが調和と健康の源としての音楽という考えから、神経に影響を与える力という考えへの変化を促しました。19世紀後半までには、音楽が神経学的な刺激剤であるという見解は大きな支持を得るようになります。過剰に音楽を聴けば、頭痛、恐怖、失神、さらには死すら引き起こすと考えられました(神経が繊細と考えられていた女性は特に)。

 19世紀の間、人々は音楽の危険性は、女性の繊細な感覚だけでなく、一般に対しても当てはまると考えるようになりました。アメリカ人医師のジョージ・ベアードは神経衰弱症を提唱しています。これは教育からのストレスに加えて、音楽学習のストレスが女性をヒステリックで、神経症的にするというものです。

 また音楽は自制心を失わせるとも考えられました。一部の婦人科医は、「音楽は感覚的快楽であり、早熟あるいは過剰な月経や性欲化行動につながる」ことを懸念しました。また中には、その反対に、音楽から生理が止まるほどのストレスを受ければ、不妊になると唱える者もいました。

 音楽による被害が出ると考えられたのは、女性だけではありません。音楽の才能は同性愛や情緒不安定と結びつけて考えられ、堕落したと人々がみなした様々な作曲家のその原因について、あれこれと憶測されました。1894年、イタリアの精神科医であり犯罪学の父と称されるチェーザレ・ロンブローゾが、作曲家リヒャルト・ワーグナーが「サディズム、放心、誇大妄想狂、優柔不断で、巨頭症」にかかっていると断言したのはそうした一例です。


b3090671.jpg



現代人も未だ免疫を持たない

 20世紀になっても、多くの国家が、マイノリティや不適切とする集団の精神的劣等の印として音楽をみなしました。ジャズ、ラグタイム、ユダヤ人作曲家の作品、モダニスト音楽のどれに対しても疑惑の眼差しが向けられました。フィラデルフィアにあった女子校の校医は、ジャズにさらされると「社会機構全体が粉々になる」と宣言しました。

 冷戦の最中、人々は音楽による洗脳と催眠を恐れました。1980年代、若者が魂をヘビメタに売り渡し、人生を台無しにしていると大勢の大人が嘆きました。今となっては杞憂だったことが判明しています。

 そして今現在でも、ケナウェイ氏が言う「音楽についての基本的に嘘っぱちの医学的な懸念」は捨て去られていません。2010年、デイリーメールなどのメディアは、音楽鑑賞が一種の”デジタル麻薬”であり、酩酊状態に似た効果を与えると報じました。

 ユーチューブなどで20億回も視聴される人気の”江南スタイル”でさえも、一部の精神科医が、現世代の心への影響を懸念しています。

(BRAIN DECODER―カラパイアより)
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する