小型ジェットエンジンで空を飛べる時代がついに!

 1984年のロサンゼルス五輪が思い出される、背負い型のジェットパック。「ついに実用化か!?」というニュースが定期的に話題になりますが、イメージよりもだいぶ大きかったり、椅子のような見た目だったりと、まだまだ開発には時間がかかりそう…と思わていました。しかしこの動画に出てくる、JPA(JetPack Aviation)社のJB-9は、思わず「コレ!コレ!」と言いたくなるほど、見事にイメージ通りです。


a.png


 ランドセルサイズのジェットパックで、いざ!


1.gif


 浮きました! 「JB-9」の性能を十分に発揮するため、あえて湖上に向かいます。もちろん、命綱などナシ。


2.gif


 水しぶきを上げながらの見事な飛行。しかもかなりのスピード!


3.gif


 空中での停止も、ご覧の通りの安定感。垂直の離着陸はもちろん、迅速に数千フィートまでパイロットを浮上させてくれます。

 さらに驚くべきは「車のトランクに収まる」というほどの、小型(しかも軽量!)な仕上がり。JPA社が「JB-9は世界で唯一、真実のジェットパックだ」と豪語するのも納得です。



 同社は、すでに次世代モデル「JB-10」の開発テストも進めており、1万フィート(約3,000m)以上の浮上や時速100マイル(約160km)、10分以上の持続飛行を実現しているとのことです。



 25年以上にわたって、ひたすらジェットパックの開発に取り組んできた彼らの情熱が、私たちに大きな夢を与えてくれます。

(JetPack Aviation―TABILABOより)
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する