Facebookは薬物と同等の依存性があることが判明!

 脳波測定によって、Facebookを使用するとコカイン服用時と同じ領域が活性化することが判明したとDaily mail が伝えています。研究を発表したのは、アメリカ、カリフォルニア州立大学のオフィル・トゥレル教授です。

 トゥレル博士は、大学生を対象にアンケート調査と実験を行った結果、Facebookの依存度が高い被験者は、コカイン中毒患者と同等の脳波パターンを示したといいます。


rtr4c0uz1.jpeg


 トゥレル博士は、計20名の大学生を対象に、Facebookに関連する不安、離脱症状、葛藤など、自身の”依存症的な”症状を評価してもらうアンケート調査を実施しました。またそれと同時に、コンピューター画面に画像が表示されたら、ボタンを押してもらうという実験も行いました。表示される画像には、無作為に選ばれた対照群となる画像のほか、ロゴやアイコンなど、Facebook関連のものが含まれており、その間ボタンを押すスピードと脳の活動が記録されました。

 その結果、Facebook関連の画像が表示されると、特に扁桃体と線条体が活性化することが判明しました。この領域は強迫行為に関連があり、実験で見られた脳波パターンは、コカイン中毒患者の脳で見られるものに似ているといいます。


2.jpg

Facebookに関連する画像を見ると特に扁桃体(ピンクの部分)と線条体がコカイン服用時に見られるような活性化を示した。


 「この発見は、少なくとも依存症的症状に関する調査レベルにおいては、科学技術に対する”中毒”が薬物やギャンブル依存症と同じような神経学的特徴を有していることを示唆する」と研究チームは説明しています。しかし、「より重要なことに、抑制制御系の異常機能に関連していることから、脳病因およびおそらくは機序においてかかる依存症とは異なる」とも付け加えています。

 すなわち、Facebook依存からの回復は、薬物に比べれば容易であるということです。


3.jpg

健康な脳(左)とコカインに暴露された脳(右)の血流。

 なお先行研究では、食事、金銭、異性、評価などと関連する脳内の報酬系の状態から、ある人がFacebookを使用する可能性の高さを予測できることが明らかとなっていました。良い評価に対して脳の側坐核が最も強く反応する人たちは、ソーシャルネットワークサイトを最も積極的に使用する人たちでもあります。

 また昨年、アメリカ、コーネル大学では、Facebookの利用者を対象に、99日間同サイトへのアクセスを止めてもらい、33日毎にその気分を報告してもらうという実験が行われました。ここからはFacebookを止められない4つの背景が明らかとなっています。

 1つの理由は依存です。Facebookに中毒性や常習性があると感じる被験者は、我慢できずにアクセスしていました。

 2つ目が、プライバシーと監視です。Facebookを主に他人が自分をどう思っているのか知るために利用する人は、やはりFacebookにアクセスする傾向がありました。

 3つ目は、主観的な気分です。気分が良い利用者は、Facebookにアクセスしないという約束を守る傾向にありました。

 そして最後が、他のソーシャルメディアの存在です。被験者のFacebook利用者がツイッターなどの他のソーシャルメディアを利用していた場合は、期間中にアクセスしない傾向にありました。

 Facebookは、同サイトの利用者向けに、他人が見れる部分を制限するセキュリティーおよびプライバシー関連のアップデートを実施しました。例えば、プライバシーショートカットを利用して、投稿や写真などのコンテンツ閲覧可能者や連絡可能者を設定することができます。

(Dailymail―カラパイアより)
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する