訃報 古楽追究の指揮者、ニコラウス・アーノンクールが死去

 作品が生まれた時代の響きを追究する古楽演奏のパイオニアで、オーストリアの指揮者、ニコラウス・アーノンクールが5日、死去しました。86歳でした。

 ベルリンで音楽好きの貴族の家に生まれ、幼少期からチェロをたしなみ、フルトベングラー指揮のベートーベン交響曲第7番に感銘を受け音楽家となることを決意。ウィーン国立音楽院を経て、1952年にチェリストとしてウィーン交響楽団に入団しました。


nikolaus-harnoncourt-04.jpg


 音楽院在学中から歴史的楽器を研究し、「理論上、音楽は作曲された時代の楽器でこそ最良の演奏ができる」と考え、53年、バイオリニストの妻アリスらと古楽器演奏集団「ウィーン・コンツェントゥス・ムジクス」を結成しました。厳密な時代考証に基づき、モンテベルディやバッハ、ヘンデル、ハイドンなどの作品を作曲当時の方法で演奏、元来の姿をよみがえらせました。

 また、グスタフ・レオンハルトとともにバッハのカンタータの全曲録音を完成させ、芸術分野のノーベル賞とされるエラスムス賞を受賞しました。

 2005年に京都賞を贈られた際、25年ぶりに来日しましたが、昨年12月、体力低下を理由に引退を表明しました。


 ウィーン・コンツェントゥス・ムジクス結成初期のブランデンブルク協奏曲第3番ト長調(BWV1048)演奏動画がYoutubeで聴けます。アーノンクールはチェロを弾きながら指揮をしていますが、当時はチェロをエンドピンを使って構えており、ヴァイオリンの構え方も顎の位置が近代奏法と同じなのが分かります。しかし弦楽器はバロックボウを使いバロックピッチで演奏しています。




 BACHの教会カンタータの中で最も有名な、「マリアのエリザベト訪問の祝日」のカンタータ、心と口と行いと生活で(BWV147)は、演奏会の録画で聴けます。表情豊かで個性的なアーノンクールの指揮ぶりが見られます。2000年の演奏です。歌手はクリスティーネ・シェーファー(S)、ベルナルダ・フィンク(MS)、イアン・ボストリッジ(T)、クリストファー・モルトマン(B)です。




心と口と行いと生活で(BWV147)

第1部

1.合唱

Herz und Mund und Tat und Leben

心と口と行いと生き方が

muß von Christo Zeugnis geben

キリストの証しをしなければならない

ohne Furcht und Heuchelei,

恐れもてらいもなく、

daß er Gott und Heiland sei.

彼こそが神であり救い主であると。

2.レチタティーヴォ(テノール)

Gebenedeiter Mund!

祝福された口よ!

Maria macht ihr Innerstes der Seelen

マリアは心の奥底を

durch Dank und Rühmen kund;

感謝と賛美を通して告げ知らせる─

sie fänget bei sich an,

彼女は自分自身に、

des Heilands Wunder zu erzählen,

救い主の奇跡について語りはじめる、

was er an ihr als seiner Magd getan.

彼が主のはしためになされたことを。

O! menschliches Geschlecht,

おお!人間という種族よ、

des Satans und der Sünden Knecht,

悪魔と罪の奴隷よ、

du bist befreit

あなたは解き放たれている

durch Christi tröstendes Erscheinen

キリストが現れこの世に慰めをもたらしてくださったことによって

von dieser Last und Dienstbarkeit!

この重荷と隷属から!

Jedoch dein Mund und dein verstockt Gemüte

しかしなおあなたの口とかたくなな心根は

verschweigt, verleugnet solche Güte;

押し黙り、これほどの慈愛を認めない。

doch wisse, daß dich nach der Schrift

だが知るが良い、聖書(の預言)によってあなたには

ein allzu scharfes Urteil trifft.

この上なく厳しい裁きが下されることを。

3.アリア(アルト)

Schäme dich, o Seele, nicht,

恥じるな、おお私の魂よ

deinen Heiland zu bekennen,

これが私の救い主だと告白することを、

soll er dich die Seine nennen

もし彼に、父の目の前で

vor des Vaters Angesicht!

彼に属するものと呼ばれようとするのなら!

Doch wer ihn auf dieser Erden

だがこの地上において彼を

zu verleugnen sich nicht scheut,

知らないと言ってはばからない者は、

soll von ihm verleugnet werden,

彼からも知らないと言われるだろう、

wenn er kömmt zur Herrlichkeit.

彼が栄光の座に着かれるときに。

4.レチタティーヴォ(バス)

Verstockung kann Gewaltige verblenden,

権力者たちはかたくなな心で目を曇らせ、

bis sie des Höchsten Arm vom Stuhle stößt;

やがて主の腕は彼らをその座から突き落とす。

doch dieser Arm erhebt,

だがその一方でその腕は、

obschon vor ihm der Erden Kreis erbebt,

たとえ彼の前で全地が揺れ動こうとも、

hingegen die Elenden,

貧しく惨めな人々を引き上げる、

so er erlöst.

彼が救おうとされる人々を。

O hochbeglückte Christen,

おおこの上なく恵まれたキリスト者よ、

auf, machet euch bereit,

立ち上がれ、備えよ、

itzt ist die angenehme Zeit,

今は恵みの時、

itzt ist der Tag des Heils: Der Heiland heißt

今日は救いの日。救い主はあなたがたに命じられる

euch Leib und Geist

身体と霊を

mit Glaubensgaben rüsten,

信仰のたまもので整えよと、

auf, ruft zu ihm in brünstigem Verlangen,

立ち上がれ、彼に向かって熱い願いをもって呼ばわれ、

um ihn im Glauben zu empfangen.

彼を信仰によって受け入れるために。

5.アリア(ソプラノ)

Bereite dir, Jesu, noch itzo die Bahn,

備えてください、イエスよ、今すぐにもあなたの道を、

mein Heiland, erwähle

私の救い主よ、選び取ってください

die gläubende Seele

この信じる魂を

und siehe mit Augen der Gnaden mich an.

そして慈愛をもって私に目を留めて下さい。

6.合唱

Wohl mir, daß ich Jesum habe,

幸せだ私は、イエスは私のもの、

o wie feste halt ich ihn,

おおなんと固く彼を抱きしめて、

daß er mir mein Herze labe,

彼が私の心を生き返らせるのだと、

wenn ich krank und traurig bin.

私が病んで悲しみの底にあるときに。

Jesum hab ich, der mich liebet

イエスは私のもの、彼は私を愛され

und sich mir zu eigen gibet;

そして御自身を私に与えて下さる。

ach drum laß ich Jesum nicht,

ああだから私はイエスを放さない

wenn mir gleich mein Herze bricht.

まさに私の心が砕けようとするときでも。

第2部

7.アリア(テノール)

Hilf, Jesu, hilf, daß ich auch dich bekenne,

助けを、イエスよ、助けをください、

私もあなたに信仰を告白できるように

in Wohl und Weh, in Freud und Leid,

幸せの時も嘆きの時も、喜びの時も悲しみの時も、

daß ich dich meinen Heiland nenne

私があなたを信仰と平安のうちに

im Glauben und Gelassenheit,

救い主と呼べるように、

daß stets mein Herz von deiner Liebe brenne,

常に私の心があなたの愛に燃えるように。

hilf, Jesu, hilf!

助けを、イエスよ、助けをください!

8.レチタティーヴォ(アルト)

Der höchsten Allmacht Wunderhand

いと高き全能の神の奇跡の手は

würkt im Verborgenen der Erden.

この地上で人知れず働いている。

Johannes muß mit Geist erfüllet werden,

今やヨハネは聖霊に満たされ、

ihn zieht der Liebe Band

母の胎内にいるときすでに

bereits in seiner Mutter Leibe,

愛の絆が彼を引き寄せ、

daß er den Heiland kennt,

そこで彼は救い主を知る、

ob er ihn gleich noch nicht

たしかに彼はまだ

mit seinem Munde nennt,

その口で救い主の名を呼ぶことはできないが、

er wird bewegt, er hüpft und springet,

彼は揺り動かされる、彼は喜びに踊る、

indem Elisabeth das Wunderwerk ausspricht,

エリサベトが奇跡を語る間にも、

indem Mariae Mund der Lippen Opfer bringet.

マリアの口が唇の捧げもの(神への賛美)を運ぶ間にも。

Wenn ihr, o Gläubige, des Fleisches Schwachheit merkt,

おお信じる者たちよ、もしあなたがたが肉体の弱さに気づき、

wenn euer Herz in Liebe brennet,

もしあなたがたの心が愛に燃えていながら、

und doch der Mund den Heiland nicht bekennet,

なおその口が救い主への信仰を告白しないときには、

Gott ist es, der euch kräftig stärkt,

神こそがあなたがたを強めて下さる、

er will in euch des Geistes Kraft erregen,

彼はあなたがたのうちに聖霊の力を引き起こし、

ja, Dank und Preis auf eure Zunge legen.

まことに、感謝と賛美をあなたがたの舌の上に置いて下さるのだ。

9.アリア(バス)

Ich will von Jesu Wundern singen

私はイエスの奇跡を歌おう

und ihm der Lippen Opfer bringen,

そして彼に唇の捧げものを運ぼう、

ich will von Jesu Wundern singen.

私はイエスの奇跡を歌おう。

Er wird nach seiner Liebe Bund

彼は自らの愛の契約に従って

das schwache Fleisch, den irdschen Mund

弱い肉体を、現し身の口を

durch heilges Feuer kräftig zwingen.

神聖な火の力によって力強く信仰へと向けて下さる。

10.合唱

Jesus bleibet meine Freude,

イエスは常に私の喜び、

meines Herzens Trost und Saft,

私の心の慰めそして生気、

Jesus wehret allem Leide,

イエスはすべての悲しみから守ってくださる、

er ist meines Lebens Kraft,

彼は私の生きる力、

meiner Augen Lust und Sonne,

私の目の楽しみそして太陽、

meiner Seele Schatz und Wonne;

私の魂の宝そして喜び、

darum laß ich Jesum nicht,

だから私はイエスを放さない、

aus dem Herzen und Gesicht.

私の心と目の及ぶ限りから。

                        対訳:葛の葉
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する