不倫にまつわる5つの歴史

 私たち人間は、男女問わず生物学的にも社会的にも、複数の相手と愛し合うことができる生き物です。以下、人類が繰り返してきた「不倫」に関する豆知識です。


1.生物にとってパートナー以外との性交渉は日常茶飯事


1.jpg


 哺乳類の中で、一夫一婦制=単婚を取っている種は全体のわずか3%とされています。一方、鳥類は種全体の90%が社会的に単婚とされていますが、性的には極めて乱脈であり、多重交尾やつがい外交尾は日常茶飯事だそうです。一夫一婦制を取っている29種の鳥のうち、種によっては、ヒナの70%以上が妻の浮気の子というデータも出ています。生物の世界では「不倫」は当たり前なのだそうです。

 多くの動物の交尾は数秒〜数十秒程度しかかからないので、人間のようにわざわざ人目を忍んでホテルに行ったり、時間差で退社したり、温泉旅行に行ったりする手間もかかりません。パートナーの見ていない隙、縄張りの外の藪の中で、サッと済ますことができます。


2.一夫多妻制は“ファンタジー”実は全然うらやましくない!


2.jpg


 一夫多妻制の社会を「複数の女性と公然とセックスできる理想的な社会」と思っている男性も多いと思いますが、それは完全な誤りです。

 一夫多妻が認められている社会の多くでは、実際に複数の妻を持っている男性は、全体の5〜10%にすぎません。言い換えれば、「ごく一部の社会的地位の高い男性や経済的に裕福な男性が、大半の女性を独り占めしてしまう社会」「大多数の男性は、1人の相手も見つけられず、生涯にわたって独身を余儀なくされる社会」です。多くの男性にとっては、受難以外の何物でもありません。

 また、一夫多妻制にすれば浮気や不倫はなくなる、と思っている人も多いのですが、それも誤りです。2番目の妻と結婚する前に交際している期間中は、事実上の不倫です。不倫もまた一夫多妻制と同様に「伝統的」なものであり、文化や婚姻の形態にかかわらず存在しつづけるものである、と述べる歴史学者もいます。


3.メディアによって大衆娯楽化


3.jpg


 実は「不倫」という言葉が現在のような意味で使われるようになったのは、比較的最近です。1957年に三島由紀夫の小説『美徳のよろめき』が出版された際は「よろめき」という言葉が流行りました。1983年にTBSのテレビドラマ『金曜日の妻たちへ』が人気を博し、既婚者の婚外での恋愛やセックスを表す意味での「不倫」という言葉が世間的にも定着しました。

 「浮気」という軽い言葉では表現したくないが、「純愛」と呼ぶのも無理があるので、それなりに誠実な関係であることが感じられる、良くも悪くも曖昧な言葉として「不倫」が用いられたのでしょう。

 1993年の日本テレビのドラマ『ポケベルが鳴らなくて』では、主人公と不倫相手の女性が当時浸透期だったポケベルで連絡を取り合う様子が描かれていました。以降、不倫のために用いられるツールは、ポケベルから携帯電話、出合い系サイト、スマホ、SNSと進化していきます。

 この数十年間、不倫はメディアによって喚起され、大衆娯楽として消費され続けています。しかし、不倫に対する個人的・社会的な防衛策が確立していない中で、ドラマや小説のネタとして不倫を消費し続ける社会は、お世辞にも健全とは言い難いでしょう。


4.恋愛が「発明」されたきっかけは不倫だった!?


4.jpg


 ヨーロッパにおいて「恋愛は12世紀の発明」と言われていますが、そのベースは不倫でした。キリスト教の道徳観の支配下で、性の乱れが問題視されていた時代、純粋な恋愛を歌う「トゥルバドゥール」と呼ばれる吟遊詩人たちが登場しました。彼らは、身分の高い既婚の貴婦人たちに惹かれ、憧れました。

 これらの愛は、報われることは決してありません。しかし、それゆえに熱く燃え上がるのです。このような恋愛は、「騎士道恋愛」「宮廷風恋愛」と名づけられました。騎士にとって恋愛は、自分に試練を課し、困難を乗り越えて精神を高めていく行為でした。この騎士道恋愛が西欧的恋愛の原型です。つまり「不倫」が根底にあります。恋愛の母は不倫なのです。


5.拷問しても不倫は撲滅できなかった


5.jpg


 歴史的な視点から見ると、古今東西の社会で不倫を禁止・撲滅するために様々な試みが行われたものの、それらの大半が失敗に終わってしまったことがわかります。

 婚外セックスに対しては、洋の東西を問わず、離婚や共同体からの追放だけでなく、性器切除、手足や耳鼻の切断、公開の鞭打ち刑、石打ちによる死刑、絞首刑、銃殺、水死刑、火刑などなど、目を覆いたくなるような残虐な刑罰が行われてきましたが、それでも不倫に走る人は後を絶ちませんでした。不倫の情熱や衝動は、法律も宗教も社会規範も軽々と飛び越えてしまうのです。

(原典:はじめての不倫学  坂爪 真吾著……TABIRABOより)
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する