座った姿勢で使う洋式トイレは便秘になりやすい!

 近年では日本でもほとんどの家や施設が洋式トイレとなりましたが、実は和式トイレこそが、腸の機能に基づいた正しい姿勢であり、自然に用を足すことができるとドイツ人の研究者は指摘しています。

 座った姿勢で使う洋式トイレだと、便が排出されるまで腸繊維に圧力をかけることになり、便秘にもなりやすいといいます。


6626a869.jpg


 ドイツ人の腸学者エンダーズ博士によれば、西洋トイレで用を足すのは効率が悪いのだそうです。これは腸の閉鎖機構は、座っている時や立っている時に「ハッチが完全に開く」ようにはできていないからです。それは言わば、捻れたホースのようなもので、排便に相応しい姿勢とはしゃがんだ姿勢だそうです。つまり和式スタイルです。これならはるかに自然で、お尻に圧力を掛けずに済みます。

 世界にはしゃがんで排便する人が12億人いると言われています。こうした人たちを研究したところ、憩室症(大腸などに風船状の袋ができる症状)がほとんどなく、便秘も少ないことが判明しました。

541f5647.jpg


 一方、西洋式では便が排出されるまで腸繊維に圧力をかけることになります。肛門付近には括約筋があります。これは意識的に開くことができる筋肉ですが、実はその内側にも無意識のうちに動く筋肉があり、この内肛門括約筋は、内側と外側の括約筋の間にある一室にサンプルを送り込みます。

 ここにはセンサー細胞があり、おならやうんちを安全にできるかどうか判断します。「ここは家だから大丈夫だ。やめろ、ここは職場だ」といった具合です。

 安全でない場合、センサーがそれを元に戻します。しかし恥ずかしがり屋でなかなかトイレに行けなかったりと、内肛門括約筋が繰り返し無視されていると、不貞腐れて寝てしまいます。これが便秘の原因の一つだそうです。

 西洋式トイレではご法度とされている、便座の上に足を乗せてしゃがみ込むという方法ですが、これなら腸に負担をかけずに排便することが可能です。跳ね返りという危険性をはらんでいますが、自分のものだしもし心配ならばやってみるのも手でしょう。


66db2a65.jpg



腸はただの排便器官にあらず。腸の気持ちを考えよう

 エンダーズ博士によれば、腸はただ排便するだけの器官ではないといいます。そこには細菌が大量に潜んでおり、免疫系の3分の2を担っています。実際、腸内細菌の総量は2kgにも達します。彼らは病原菌と戦い、血液型の発達に関与し、食べ物を消化し、エネルギーを抽出し、ホルモンを作ります。

 それだけではありません。人間の気分にも影響します。この腸と脳の関係は、医学でも比較的新しい分野です。しかし腸内細菌と健康や病気との関係はますます注目浴びています。例えば、腸内細菌のバランスが取れていれば健康が保たれますが、これが崩れると炎症性大腸炎や肥満などの慢性疾患につながることが判明しています。

 また、動物の研究からは精神疾患や気分とも関連があるという証拠が集まっています。ちなみに、これまで役立たずと思われていた盲腸ですが、実はその全体が免疫組織でできおり、有用な腸内細菌のレーダーとして機能していといわれます。

 エンダーズ博士がこの分野に興味を持ったきっかけは、パーティである男性に出会ったことだとです。その男性の口臭はこれまで嗅いだ中でも最悪の臭いで、博士曰く「うんちの臭い」だったそうです。翌日、男性は自殺しました。そして、彼女は「腸の病気が心理状態に影響することがあるのだろうか?」と疑問に思いました。

 聡明な彼女は、うつ病には複数の要因があり、常に腸に関連しているとは限らないと指摘します。だがなんらかの関連性があることも否定できません。この分野は今後さらなる研究を必要としています。何しろ腸内細菌が脳に与える影響はほんの2年前に始まったばかりなのです。


唾液には麻薬成分が?

 余談ですが、エンダーズ博士によれば、唾液の中にはモルヒネよりも強力な鎮痛剤オピオルフィンが含まれているそうです。もちろんごく少量であるし、私たちは常にこれに酔っているわけではありません。しかし食事をするとこれが放出されます。博士はおいしい食事を食べると幸せな気分になれるのはこれが一つの要因なのではないかと睨んでいます。

 ということで御法度とされている洋式トイレにしゃがんでスタイルですが、便秘に悩んでいる人はやってみるのも手かもしれません。ただし跳ね返りという危険性を考慮しつつ、きちんと靴を脱いで汚さずにトイレを使うのであればの話ですが。

(theguardian―カラパイアより)
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する