われ世を去るは汝らのためなり(BWV108)

 今日は復活祭後第4主日ですが、この日のためのカンタータはBWV108とBWV166の2曲しか現存しません。BWV108は一昨年ブログを書きましたが、再度聴くことにします。1725年4月29日に、ライプツィヒで初演さたカンタータです。


34berbeda.jpg


 歌詞台本は女流詩人クリスティアーネ・マリアーネ・フォン・ツィーグラーで、福音書の章句、イエスが受難の迫ったことを弟子たちに伝え、自分の別れと弁護者すなわち聖霊の到来を告げるものです。「私が去っていくのは、お前たちのためになる」という章句から、ツィーグラーはカンタータの歌詞を作っています。最後のコラールはP.ゲールハルト作詞の聖霊降臨祭のコラール「父なる神よ、御霊をお送りください」が使われています。


 トン・コープマン指揮、アムステルダム・バロック・オーケストラ、ボグナ・バルトシュ(A)、イェルク・デェルミュラ(T)、クラウス・メルテンス(B)の演奏でお聴きください。




われ世を去るは汝らのためなり(BWV108)


1.アリア(バス)

Es ist euch gut, dass ich hingehe;

私が去ることは、お前たちにとって有益である。

denn so ich nicht hingehe,

なぜなら、わたしが去らないなら、

kömmt der Tröster nicht zu euch.

慰め主がお前たちのところへ来ることはないからだ。

So ich aber gehe, will ich ihn zu euch senden.

しかし私が行けば、彼をお前たちのところへ派遣しよう。

2.アリア(テノール)

Mich kann kein Zweifel stören,

どんな疑いも妨げられません。

Auf dein Wort, Herr, zu hören.

私が主よ、あなたの御言葉を聞くことを。

Ich glaube, gehst du fort,

信じます、あなたが去りゆくならば、

So kann ich mich getrösten,

待ち望むことができるのです、

Dass ich zu den Erlösten

贖われた人々に加わり

Komm an gewünschten Port.

願わしい港へと去ることを。

3.レチタティーヴォ(テノール)

Dein Geist wird mich also regieren,

御霊が私が私を支配し

Dass ich auf rechter Bahne geh;

正しい道を歩ませてくれるでしょう。

Durch deinen Hingang kommt er ja zu mir,

あなたが行かれるからこそ、御霊が私のもとにやってくるのです。

Ich frage sorgensvoll:

私は気もそぞろで尋ねる、

Ach, ist er nicht schon hier?

ああ、御霊はもうここにいるのではありませんか、と。

4.合唱

Wenn aber jener, der Geist der Wahrheit,

しかしその方、つまり真理の霊が

kommen wird, der wird euch in alle Wahrheit leiten.

来るときは、彼はお前たちを あらゆる真理へと導くであろう。

Denn er wird nicht von ihm selber reden, なぜなら、

彼は自分自身から語るのではなく、

sondern was er hören wird, das wird er reden;

自分の聞くことを語るだろうからである。

und was zukünftig ist, wird er verkündigen.

また、未来に起こることを、彼は告げるであろう。

5.アリア(アルト)

Was mein Herz von dir begehrt,

私の心があなたに乞い求めるものは、

Ach, das wird mir wohl gewährt.

ああ、きっと与えられることでしょう。

Überschütte mich mit Segen,

私に祝福を注いで下さい、

Führe mich auf deinen Wegen,

あなたの道で私を率いてください、

Dass ich in der Ewigkeit

私が永遠のうちに

Schaue deine Herrlichkeit!

あなたの栄光を見られますように!

6.コラール

Dein Geist, den Gott vom Himmel gibt,

神が天より与える御霊は

Der leitet alles, was ihn liebt,

自分が愛するすべての者を

Auf wohl gebähntem Wege.

よく踏まれた道で導いてゆく。

Er setzt und richtet unsren Fuß,

彼が足を定め正してくださればこそ、

Dass er nicht anders treten muss,

私たちはあやまたず歩み

Als wo man findt den Segen.

祝福を見いだせるのだ。

                  対訳:磯山 雅


ヨハネによる福音書 16章 5-15
 今わたしは、わたしをお遣わしになった方のもとに行こうとしているが、あなたがたはだれも、『どこへ行くのか』と尋ねない。むしろ、わたしがこれらのことを話したので、あなたがたの心は悲しみで満たされている。しかし、実をいうと、わたしが去って行くのはあなたがたのためになる。わたしが去って行かなければ、弁護者はあなたがたのところに来ないからである。わたしが行けば、弁護者をあなたがたのところに送る。その方が来れば、罪について、義について、また、裁きについて、世の誤りを明らかにする。罪についてとは、彼らがわたしを信じないこと。義についてとは、わたしが父のもとに行き、あなたがたがもはやわたしを見なくなること。また、裁きについてとは、この世の支配者が断罪されることである。言っておきたいことは、まだたくさんあるが、今、あなたがたには理解できない。しかし、その方、すなわち、真理の霊が来ると、あなたがたを導いて真理をことごとく悟らせる。その方は、自分から語るのではなく、聞いたことを語り、また、これから起こることをあなたがたに告げるからである。父が持っておられるものはすべて、わたしのものである。だから、わたしは、『その方がわたしのものを受けて、あなたがたに告げる』と言ったのである。」

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する