クォドリベット(BWV524)

 クォドリベット(Quodlibet)はラテン語で「寄せ集め」「ごた混ぜ」という意味で、15世紀のルネッサンス時代に始まった、複数の俗謡を同時に歌って、即興的なハーモニーを作り出す歌の遊びでした。

 ゴールドベルク変奏曲(BWV988)の終曲、第30変奏はクォドリベットで作られ、当時の俗謡、「長いこと御無沙汰だ、さあおいで、おいで」及び「キャベツカブが俺を追い出した、母さんが肉を料理すれば出て行かずにすんだのに」のメロディーが使われています。


無題.png


 クォドリベット(BWV524)はBACHがミュールハウゼン時代の1707年頃に作ったとされていますが、現存譜は冒頭と末尾が未発見で、完全な形では残っていません。作曲の動機はバッハ一族の婚礼の祝のために作曲されたと言われ「結婚クォドリベット」とも呼ばれています。

 歌詞の作者は不詳ですが、歌詞に一貫性はなくユーモラスな内容の遊び歌です。

しかし歌詞の内容を知らないとドイツ語のコメディーを聴いているようで楽しめません。翻訳された日本語の歌詞が手元にないので、PEN(Tomy)さんが投稿された、ニコニコ動画のテロップから転記させていただきました。


 レオナルド・ガルシア・アラルコンのチェンバロ、 クレマチス・アンサンブル、マリアナ・フローレス(S)、スティーヴ・ドゥガルダン (CT)、フェルナンド・ギマランイス(T)、フィリップ・ファヴェッテ(B)の演奏会の録画でお聴きください。2011年収録です。




クォドリベット(BWV524)

1.

 Was seind das vor große Schlösser,

 なんと大きな建物が

 Die dort schwimmen auf der See

 海の上に浮かんでいるのかしら!

 Und erscheinen immer größer,

 ますます大きく見えるのは

 Weil sie näher kommen her,

 近づいているからか!

 Ist es Freund oder Feind,

 敵か?それとも味方か?

 Oder wie ist es gemeint?

 さもなければ何をするつもりだろう?

 Was muss ich von fern erblicken,

 遠くから見えるのは何かしら?

 Sagt mir, wer reit' dort herein?

 馬に乗ってくるのは誰?

 Trägt ein großes Rad am Rücken,

 大きな処刑用の車輪を背負っている…

 Der Henker muss gestorben sein!

 処刑人が死んだんだ!

 Ei, wie reit' der Kerl so dumm,

 なんて格好悪く乗っているのかしら…

 Hat einen Trauermantel um.

 喪服のコートを着たままだ!

2.

 Ergo tanto instantius debemus fugere terrena,

 だから私たちは、地上のものから逃げないといけない…

 Quanto velocius aufugiunt caduca et vana.

 はかなく空しいものはすぐに過ぎてしまうから。

3.

 Wer in Indien schiffen will,

 船でインドに行くなら、

 Find' bei mir der Schiffe viel,

 私の所にたくさん船があるわ。

 Ich bin eben kein Schiffersflegel,

 オレは海人みたいな荒れ者じゃない、

 Brauche weder Mast noch Segel,

 マストや帆とは無縁の男さ。

 Wie man in dem Texel tut;

 デッセル島の船乗りとは違ってね。

 Denn ein Backtrog ist ebensogut.

 でもパンの練り舟も負けてないさ。

 Notabene Knisterbart, was macht der Meister Schneider,

 ご注意あれ、立派な髭の方々や、仕立て屋は何をする?

 Mir plezt er meine Hosen, mir flickt er meine Kleider.

 彼は私のズボンを直し、彼は私の服を繕ってるのさ。

 Braucht man den Backtrog vor den Kahn,

 パンの練り舟を船の代わりに使えば、

 Ei, so kommt man übel an;

 酷い事になるぞ…

 Dann man plumpt in den Teich so frisch

 元気に池に飛び出したけど、その中を泳ぐ羽目になる。

 Und schwimmt darin wie ein Stockfisch,

 干からびた鱈みたいにさ。

 Probatum est.

 そりゃ確かだね。

4.

 O ihr Gedanken,

 おお、様々な想いよ、

 Warum quälet ihr meinen Geist? - Backtrog! -

 何故僕の魂を苦しめるんだ?パンの練り舟!

 Warum wollet ihr wanken,

 何故よろめかそうとするんだ?

 Da mich die Hoffnung feste stehen heißt.

 希望が、しっかり立つように命じているのに…。

5.

 Ei, wie sieht die Salome so sauer um den Schnabel,

 ザーロメ姉さんが不機嫌に口をとがらせているぞ、

 Darum, weil der Pferdeknecht sie kitzelt mit der Gabel.

 馬の世話人がフォークでくすぐっているのさ。

 Ei, wie frisst das Hausgesind so gar viel Käs und Butter,

 奉公人がチーズやバターを食べてるわ、

 Wären sie Kälber gleich wie du, so fräßen sie das Futter.

 彼らも君らみたいな子牛なら、家畜の餌を食べるだろう。

 Wenn man mit dem Spinnrad sitzt auf einem großen Schimmel,

 糸車を抱えた大きな白馬に乗れば、

 Reißen ihre Goschen auf fast alle Bauerlümmel;

 百姓らはポカーンと口を開けるさ。

 Wenn man mit dem Spinnrad sitzt auf einem großen Fuchsen,

 糸車を抱えた大きな狐に乗れば、

 Kriegen vor Gelächter die Leute fast den Schlucksen;

 皆は笑ってシャックリしだすぞ。

 Wenn man mit dem Spinnrad sitzt auf einem großen Rappen,

 糸車を抱えた大きな黒馬に乗れば、

 Ei, da will der Trauermantel gar nicht dazu klappen;

 ありゃ!喪服のコートが…喪服のコートが台無しだ!

 Wenn man statt des Orlochschiffs den Backtrog will gebrauchen,

 軍艦の代わりに、パンの練り舟を使うなら、

 Ach, da wird man alsobald in das Wasser wie die Plumphecht tauchen.

 ああ、人はたちまち水の中…沈んでしまうよ。無様なカマス(梭子魚)みたいに 沈んじゃう!

6.

 Große Hochzeit, große Freuden,Große Degen große Scheiden;

 大きな結婚式には、大きな喜び、大きな剣には、大きな鞘、

 Große Richter, große Büttel,Große Hunde, große Knittel;

 大きな判事には、大きな刑吏、大きな犬には、大きな梶、

 Große Väter, große Söhne,Große Goschen, große Zähne;

 大きな先祖には、大きな子孫、大きな口には、大きな歯、

 Große Pfeile, große Köcher,Große Nasen, große Löcher;

 大きな矢には、大きな矢筒、大きな鼻には、大きな鼻の穴、

 Große Herren, große Wappen,Große Fässer, große Zappen;

 大きな領主には、大きな紋章、大きな樽には、大きな栓、

 Große Gerste, große Körner,Große Köpfe, große Hörner;

 大きな麦には、大きな粒、大きな頭には、大きなコブ、

 Großer Hafer, große Trespen,Große Pferde, große Wespen;

 大きな蒸麦には、大きな雑草、大きな馬には、大きなハチ、

 Große Weinberg, große Trauben,Große Weiber, große Hauben;

 大きな蒟蒻畑には、大きな房、大きな女性には、大きな頭巾、

 Große Kugeln, große Kegel,Große Bauren, große Flegel;

 大きなボールには、大きなビン、大きな農夫には、大きな脱穀農具、

 Große Jungfern, große Kränze,Große Esel, große Schwänze;

 大きな乙女には、大きな花冠、大きなロバには、大きなしっぽ、

 Große Lachen, groß Gepatsche,Große Frauen, groß Geklatsche;

 大きな水溜りには、大きな跳ね音、大きな婦人には、大きな拍手、

 Große Klöppel, große Trummel,Große Wespen, große Hummel;

 大きなバチには、大きな太鼓、大きなスズメバチには、大きなマルハナバチ、

 Große Leinwand, große Bleiche,Große Backträg, große Teiche.

 大きな布には、大きな漂白場、大きなパンの練り舟には、大きな溜め池!

7.

 Ach, wie hat mich so betrogen der sehr schlaue Cypripor.

 ああ、私は騙されたのよ!とてもズル賢いキプロスに騙されたのよ!

8.

 Urschel, brenne mir ein Licht an,

 ウルズラ、明かりを灯して。

 Dass ich dabei sehen kann!

 おまえの姿がよく見えるように!

 Willst du mir kein Licht anzünden,

 明かりをつけないなら、

 Will ich dich wohl im Finstern finden.

 暗闇でおまえを探そう。

 Ist gleich schlimm das Frauenzimmer,

 たとえ女が厄介な代物でも、

 Ist doch der Backtrog noch viel schlimmer!

 パンの練り舟は、もっと手ごわいぞ!

 Pantagruel war ein sehr lustiger Mann,

 パンタグルエルは、愉快な男だったけど、

 Und mancher Hofbedienter trägt blaue Strümpfe an,

 多くの宮仕えたちは、青い長靴下を履き揃えている。

 Und streifte man denen Füchsen die Häutlein aus,

 じゃあ彼ら狐たちの皮を剥いでみせるわ、

 So gäb's viel nackigter Leute auf manchem Fürstenhaus.

 きっと裸の人が王侯貴族の中には多くいる。

 Wären denen Dukaten die großen Krätzen gleich,

 もしも大きなゴミがドゥカーテン金貨になるなら、

 So wäre unser Nachbar viel Millionen reich.

 お隣さんも億万長者ね。

 Mein Rücken ist noch stark, ich darf mich gar nicht klagen.

 わしの背中はまだ丈夫、歳なんか嘆いていられない。

 Du könntest, wie mich dünkt, wohl zwanzig Säcke tragen.

 おじさんはきっと小麦粉12袋担いでも大丈夫さ。

 Das muss ein dummer Esel sein,

 何と頭の悪い。

 Der lieber Koffent säuft als Wein

 ワインより安いビールに溺れ、

 Und in der kalten Stube schwitzt

 寒い居間で冷汗かいて、

 Und statt des Schiffs im Backtrog sitzt!

 船には乗らず、パンの練り舟の中に座るとは!

 Punctum.

 とりあえずひと段落…。

9.

 Dominus Johannes citatur ad Rectorem Magnificum

 ご主人ヨハネスが、かつての学校長に呼ばれたのは、

 hora pomeridiana secunda propter ancillam in corona aurea.

 時間は午後2時の、金冠亭の女中との一件のため…。

10.

 Studenten seind sehr fröhlich, wie ihr alle wisst,

 学生らはご機嫌。皆さん知っての通り、

 Solang ein blutiger Heller im Beutel übrig ist.

 彼らの財布には少ないヘラー銅貨があるだけ。

 Wär der Galgen Magnet und der Schneider Eisen,

 もし絞首台が磁石で、仕立て屋が鉄なら、

 Wie mancher würde noch heute an den Galgen reisen!

 多くの職人は絞首台へ旅立つでしょう!

 Wär ich König in Portugal, was fragt ich darnach,

 模し僕がポルトガルの国王なら

 Ein andrer möchte kippen mit dem Backtrog in Bach.

 誰かがパンの練り舟ごと、小川に転覆しても、気にしないや。

 Bona dies, Meister Kürschner, habt ihr keine Füchse mehr!

 今日はいい天気、毛皮職人さん、狐の皮はもうないの?

 Ich verkauf sie alle nach Hofe, mein hochgeehrter Herr.

 お城にすべて売っちゃったよ、お客さん。

 Ich sahe eine Jungfer, die hat sehr stolz getan

 僕が出会った娘はみんなプライド高い、

 Und hat doch wohl bei Urbens kein ganzes Hemde an!

 でも都会風のシャツは全然着ない!

 Mancher stellt sich freundlich mit feiner Zung

 みんなお世辞を言って仲良く付き合うけど、

 Und denkt doch in dem Herzen wie Goldschmieds Jung.

 心のなかでは金細工師の若者みたいに不正直。

 In diesem Jahre haben wir zwei Sonnenfinsternissen,

 今年は2度、日食があってさ、

 Und zu Breslau auf dem Keller schenkt man guten Scheps,

 ブレスラウ市庁舎の地下酒場では上等なシェプスビール。

 Und in meinem Beutel regiert der fressende Krebs.

 私の財布には金食いガニが暮らしているのさ。

 Hört ihr Herren allzugleich,Was da geschehen in Österreich,

 紳士なる方たちは聞いてちょうだい、オーストリアでの話を。

 Hört ihr Herren allerhand,Was da geschehen in Brabant,

 紳士なる方たちは聞いてちょうだい、ブラバンドでの話を。

 Da hat geboren eine alte Frau Eine junge Sau!

 一人のおばあさんが、メス豚の子を産んだとさ!

 Seid freundlich eingeladen Zum Topfbraten!

 皆様、焼き肉にご招待!

 Ei, was ist das vor eine schöne Fuge!

 おや、この素敵なフーガはなんだろう!
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する