ロサンゼルス滞在2日目

 ホテルのあるトーランス市は空港から南へ約15Kmのところで、トヨタや、ホンダなどの日本企業があり、日本人の居住者も多い地域です。そのため日本の食品を販売しているミツワ・マーケット・プレイス(旧ヤオハン)や和食店などもありますが、アメリカに来てわざわざ和食を食べることもないので利用するつもりはありません。


Torrance.png


 早朝6時に目が覚めてしまったので朝食を取りにロビーまで行き、コーンフレーク、ワッフル、ヨーグルト、コーヒーを両手で持ち、部屋まで戻って食べました。このホテルには食堂がありません。建築当初は朝食のサービスがなかったのでしょう。

 朝食後、朝のウオーキングで付近のウイルソン公園へ行きました。街道を歩いている人はいませんでしたが、公園では多くの人がウオーキングをしていました。私も1時間以上歩きました。


1.jpg


 この場所にホテルを選んだ理由は幾つかあり、一つは地の利が良いことで、ロサンゼルス市内へはフリーウエイで30分で行け、ロングビーチやニューポートビーチへも海岸沿いにドライブができ、北方面のサンタバーバラへもロサンゼルス市内を通らずに行けるからです。しかも郊外なので高層ビルも少なく緑も多く閑静な住宅地で、治安も良い地域です。

 しかし最大の理由はホテルの宿泊費が安いことだけでなく、日本人のSさんが近くに住んでいることです。昼前にホテルまで来ていただき、現地の情報を色々教えていただきました。

 話をしているうちに昼食時間も近づいたので、私の希望でホット・パストラミ・サンドイッチを食べにロサンゼルスのダウンタウンに行きました。


images.jpg


langers.jpg


 パストラミは牛肉を香辛料を用いて燻製した加工食品で、ユダヤ系移民によってアメリカ合衆国にもたらされたもので、日本ではあまり馴染みがありません。ランカーズは知る人ぞ知る超有名店で、いきなりロサンゼルスで最高の味覚に接することができました。クミンの強烈な風味のライ麦パンに挟まれた、塩分控えめのパストラミの相性は抜群ですが、日本人にはこの味覚はあまりにも異質で、かなりの食いしん坊でないと受け容れられないかも知れません。しかも大きさとパストラミの量が半端ではないので食べきれず、半分はテイクアウトして夕食代わりにしました。


mac.jpg


 腹ごなしにSさんとマッカーサー公園の池を一周してから、ロデオ・ドライブ、サンタモニカ、ベニス・カナルなどを案内していただきました。私は運転していたので写真に収めることはできませんでしたが、旅行の目的はブログを書くことではないので、WEBから宣伝用の写真を借用します。


0e93c007.JPG


Tr0010042008112809282093.jpg


DSC_241a-625x413.jpg


 その後フリーウエイには乗らず、周囲の町並みを見ながらパシフィック・コースト・ハイウェイ(1号線)でトーランスに戻り、Sさんを送り、住まいにもお邪魔して夜遅くなるまで話し込んでしまいましたが、Sさんについてのプライベートなことは一切触れるつもりはありません。

 私からお願いして、明後日にはサンタバーバラまで一緒にドライブして町中を案内して頂くことになりました。楽しみです。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する