ロングフライト症候群(エコノミークラス症候群)を防ぐには

 エコノミークラス症候群は、飛行機の狭い座席に長時間座ったままでいると発症しやすいことから、この呼び名が一般的に知られるようになりましたが、実際には飛行機の座席の種別に関係なく、長時間のフライトで発症するリスクが高まるため、現在では「ロングフライト症候群」に改められています。



長時間足を動かさず血液の流れが悪くなることが原因

 「ロングフライト症候群」は医学的には2つの病態をあわせた概念です。その症状は下肢の深部静脈(足の筋肉より内側にある太い血管)に血の塊(血栓)ができる深部静脈血栓症の状態と、静脈にできた血栓が血流に乗って肺に飛び、肺の動脈を詰まらせる肺血栓塞栓症の状態をあわせて「ロングフライト症候群」と呼んでいます。つまり、血栓ができただけならば「深部静脈血栓症」、それに連動して、血栓が肺の動脈を塞ぐと「肺血栓塞栓症」となるわけです。

 「ロングフライト症候群」の発症のメカニズムを知るためには、次に簡単に血液循環の仕組みを理解する必要があります。

 全身を流れてきた二酸化炭素を多く含む血液は静脈によって運ばれ、大静脈から心臓の右側(右心房)に入って右心室から肺に送り込まれて酸素化されます。その後、酸素を多く含む血液は心臓の左側(左心房)に戻って左心室から大動脈を介して全身へと運ばれていきます。また、血液には、固まらせる「凝固」という性質と、溶かす「線容」という性質とがあり、このバランスが保たれることで、血液は固まることなく血管の中をスムーズに循環します。


1.jpg


 下肢の血液は、ふくらはぎなどの足の筋肉を動かすことで、それがポンプの役目を果たして、心臓に戻っていきます。ところが、長時間同じ姿勢で足を動かさないでいると、血流が悪くなって、血液が凝固のほうへ傾き、血栓ができやすくなります。血栓ができてしまうと、その後に動いたときなどに血流に乗って肺へ運ばれ、肺の動脈をつまらせることにつながります。

 とくに、座ったままの姿勢は、下腹部の腸骨静脈などを圧迫するので、血液がうっ滞して、より血栓ができやすくなります。肥満傾向のある人がエコノミークラス症候群のリスクが高いといわれるのは、座ったときに自身の重みで腸骨静脈が圧迫されやすいためです。

 そうした状態で水分が不足すると、血液が粘り気のある状態になり、ますます血流を悪化させ、血栓もさらにできやすくなってしまいます。高齢者は喉の渇きを感じにくく、脱水状態になりやすいので注意が必要です。


大きな血栓は突然死を招くことも

 下肢で最も血栓ができやすいのは、ふくらはぎにあるヒラメ筋静脈です。ただ、ヒラメ筋静脈にできる血栓は小さいものが多いため、肺に達したとしても、末梢の細い動脈がつまる程度で、それほど危機的な状態にはなりません。一方、太ももにある大腿静脈や下腹部にある腸骨静脈では、ソーセージほどの大きな血栓ができることもあります。それほど大きな血栓が肺に達すると、肺動脈に糊状にくっついて完全に塞いでしまうので、肺が壊死する肺梗塞となり、血液が心臓に戻らなくなるため、心肺停止状態となります。大きな血栓による肺塞栓は、たとえ病院内で発生したとしても、救命措置が間に合わないことがほとんどだといいます。


2.jpg


片足のむくみや腫れが表れたら要注意

 血栓ができたときによく見られるのは足のむくみや腫れです。とくに、血栓が両足にできることはまれなので、片側の足にむくみや腫れが見られる場合は要注意です。

 血栓が肺に飛び、肺動脈が塞がれてくると、咳や呼吸苦、胸の痛み、発熱といった症状が表れます。また、小さな血栓の場合は数週間かけて徐々に肺に達するので、倦怠感や冷や汗などが出てくることもあります。

 大きな血栓が肺に飛んでしまえば、急死にいたることもあります。それよりももっと大切なのは、血栓を作らないようにすることです。


足の運動のほか、腹式呼吸も予防になる

「ロングフライト症候群」を予防するには、水分をこまめに摂取し、長時間同じ姿勢でいないことが大切です。体を動かしにくい場合には、つま先やかかとの上下運動をしたり、足首を回したり、ふくらはぎや太ももを軽くもんでマッサージしたりします。

 足全体を締め付けることで、下肢の静脈血を心臓に戻すポンプ機能をサポートする弾性ストッキングを履くのも有効です。医療用でなくても、ある程度の圧力がかかるものであれば予防効果はあり、女性に愛用者が多い引き締め効果のあるストッキングなどもいいそうです。

 また、「腹式呼吸」による深呼吸も有効です。深呼吸をしようとすると、背筋を伸ばすなど体勢を変えるきっかけになり、さらに腹式呼吸では腹筋と横隔膜を使うため、大きな血栓ができやすい下腹部のあたりを刺激することになります。足の運動で運ばれてきた血液を、横隔膜の動きによってさらに引き上げ、血液循環を促します。


日頃から足の筋肉を鍛えることも重要

 飛行機の狭い座席に長時間座ったままでいたり、災害時の避難生活だけでなく、環境が揃えば、血栓は誰にでもできる可能性があります。普段から適度な運動を心がけて、ふくらはぎの筋肉が血液の循環を助けるよう、ほどよく鍛えておくことも大切だといいます。

(日経Goodayより編集)
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する