土台の知識の有無が「好奇心格差」を生み出す

基礎部分がなければ、関心の幅が狭くなる

 それは突然湧き起こります。見知らぬ路地に出くわしたとき、身近な人の意外な一面を発見したとき、目の前の木からリンゴが落ちたとき……。

 「好奇心」がテーマの本があります。何が好奇心を枯渇させ、何が好奇心を豊かにするのか。好奇心に火がつくメカニズムはどのようなものか。好奇心を絶やさないために重要なことは何か。好奇心の強さとその人の所得との関係。などなど、「知りたい」気持ちについて多彩な話題が繰り出されます。


img_a75af0ff003bc27df7ddd6cbe771b49b222725.jpg


「少し知っていること」が好奇心に火をつけやすい

 好奇心はどのようにして刺激されるのでしょうか。心理学・行動経済学者のジョージ・ローウェンスタインが提唱した「情報の空白」という考え方がヒントにります。新しい情報よって無知を自覚し、自分の知識の空白地帯の存在に気がついたときに好奇心が生まれるというものです。

 ここで重要なのは、「少し知っていること」が好奇心に火をつけやすいということだといいます。好奇心は、何も知らない事柄に対して湧いてくるかのようなイメージを持たれがちですが、実際には、人はまったく知らないことには興味を持ちにくく、「何を知らないか」すら分からない状態では、疑問を膨らませることも難しくなります。

 もちろん、すでに知り尽くしていると思っている事柄に対しても、知りたいという欲求は湧きづらく、好奇心が最も発揮されるのは、「知りすぎ」と「知らなすぎ」の間なのだそうです。

 知識と好奇心との結びつきについては、「長期記憶」という切り口からも語られます。ある事柄に対して好奇心を抱くか否かは、その人の中に蓄積された長期記憶に左右されます。関連付けられる知識の幅が広いほど、新しい情報は脳に定着しやすく、興味も湧きやすいといいます。

 大人になってから歴史の面白さに目覚める場合などがまさにそうです。学生時代に詰め込んだ知識がいくらか残っているのに加え、過去と照らし合わせる「今」についての知識や人生経験が増えたために、結びつけることのできる接点の数が多くなったわけです。


前提知識を手に入れることが肝

 知識と好奇心のこうした関係を知ると、「知りたい」と思うまでの前提知識をいかに手に入れるかが肝なのだと分かります。面白さに気づくための火種が撒かれていなければ、火の気がいくら近付いても興味に火がつくことはありません。しかし、興味がない段階で知識を蓄えることは、何かしら外からのきっかけがなければ難しいといいます。

CgZTe1RWQAEIHCW.jpg

 近年、「子どもの自主性に任せる」教育のあり方が広まってきていますが、「コどもは40000回質問する」の著者イアン・レズリーはこのような「進歩的教育」に対して疑問を投げかけています。こういった、「どこまで教えるべきなのか」という話は個人差のある話なので、白黒つけようとすることにあまり意味はないでしょう。しかし「自由」と「好奇心」という言葉を安易に結び付けてしまわないようにしたいとは思います。強制されてやる勉強も、後に面白さに気づくための知識的な土台を築くことで、自力では出会わなかったであろう興味にたどり着くことに役立っているかもしれないのです。

 ひとつ確かだと思わされたのは、著者の言うような進歩的教育は、個々人の好奇心の格差を助長する方向に流れていくということです。自由競争によって格差が広がるように、その人の思うがままに委ねることで、好奇心が比較的旺盛な人はますます興味の幅を広げ、それ以外の人との差が開いていきます。知識が知識を呼び、経験が経験を呼ぶという循環に乗った人とそうでない人との間で好奇心格差が生まれるといいます。

 「知識重視の一般的なカリキュラムに従って学ばせることは、恵まれない環境にある家庭の子どもたちが自分自身の状況を変える力となる知識や技能を手に入れる唯一の手段である」と著者は言います。自分の興味の赴くままに物事を追いかけているだけでは、結果的に関心の幅は狭くなっていくのかもしれません。

 このように、『子どもは40000回質問する あなたの人生を創る「好奇心」の驚くべき力』では教育に関する話題にも至るところで触れられます。赤ちゃんが喃語を発したタイミングでものの名前を教えると、その名前を覚える確率がより高まるという研究や、自分が置かれた環境を積極的に調べようとする赤ちゃんほど思春期の学校での成績が良かったという研究など、興味深い話が色々と引かれています。好奇心はとりとめがなく、そもそもタイミングや縁にも大きく左右されます。スイッチの入り方は人の数だけあるでしょう。それでも自分の経験を当てはめながら読むことで、無意識で、操縦不能に思えていた「知りたい」という気持ちの正体が、おぼろげながら見えてくるはずです。

(東洋経済オンライン、峰尾 健一:HONZより)
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する