自前の歯が少ないほど死亡率が高い!

心筋梗塞や脳卒中の危険性が増大

 白くて綺麗な歯は健康美のシンボル。話したり、笑ったりするときの口元の美しさは、顔全体の印象を決めます。ところで、永久歯の数は親不知を除くと28本ですが、あなたは自前の歯が現時点で何本残っているか、把握しているでしょうか?

 「歯が悪い」とよくいわれる日本人ですが、実は40歳ごろまでは、ほとんどの人が歯を失っていません。2011年に行われた「歯科疾患実態調査」によると、35~45歳の歯の数は平均28.08本。それが46~54歳で26.42本、56~64歳で23.25本と一気に減っていき、75歳オーバーでは13.32本と、5割以上が失われてしまいます。

 国と日本歯科医師会は、平成元年から80歳で歯を20本残そうという「8020運動」を推進しています。これほど歯の本数が重視されるのは、死亡リスクの高い重篤な疾病と歯の状態が、密接に関連していると言われるからです。最近北欧で行われた次の研究でも、歯の本数と心臓や脳の障害との関連性が検証されている。


20150520-2.jpg


歯の本数が少ないほど死亡率が高い

 この研究はスウェーデン・ウプサラ大学医療科学科のグループによって、昨年12月に「European Journal of Preventive Cardiology」に発表されたもの。39カ国・1万5456人の心筋梗塞や狭心症の患者を対象に、残っている歯の本数を申告させ、3年以上にわたって追跡調査を行った。心筋梗塞や脳卒中の発症との関連性を検証しました。

 その結果、歯が全くない人は26~32本ある人に比べて、すべての原因による死亡リスクが1.81倍となり、中でも心血管疾患による死亡リスクが1.85倍、脳卒中による死亡リスクが1.67倍になりました。

 つまり、歯がない人は、歯を失っていない人に比較すると、心筋梗塞や脳卒中で亡くなる危険性が高くなることが、大規模な医学的調査で改めて明らかになったのです。

 この件に関しては、過去にもいろいろなデータがあります――。

 2010年にアメリカで発表された41万人あまりを対象とした電話調査によると、失った歯が1~5本の場合、脳卒中のリスクは1.29倍、6本以上の場合は 1.68倍、全て失っている場合は1.86倍。失う歯の本数が多くなるほど脳卒中になりやすいという結果でした。

 また2012年に発表されたイギリスの研究では1万2871人の健康記録から歯の残存状況を「全て自前の歯」「義歯を併用」「全て喪失」に分類し、約8年間の心血管系疾患、がんによる死亡率との関連を解析しました。その結果、歯を全て失った人は自分の歯だけで生活している人に比べて、総死亡率と心血管疾患による死亡率が著しく高く、特に脳卒中による死亡率は3倍近く高く、半面、歯の本数とがんとの関連は見られなかったといいます。

2014021703.jpg

歯周病菌が細い血管を詰まらせる

 歯の喪失と心血管疾患とを関連づける要因は、日本の成人の約80%が罹っているといわれる「歯周病」です。2005年に国が実施した「抜歯原因調査」によると、歯が失われる原因で最も多かったのが歯周病の42%。以下、むし歯が32%、その他(親不知の抜歯など)が13%、破折が11%、矯正が1%と続く。中高年になるほど、歯周病で歯を失う割合が高くなります。

 歯周病を悪化させると、歯周病原因菌が口の中から血管に入り込み、その刺激で血管内にプラーク(脂肪性沈着物)ができて、血液の通り道が細くなり、さらにプラークやプラークが剥がれてできた血の塊が、脳や心臓の血管を詰まらせることが、脳卒中や心筋梗塞の原因となります。

 このように歯周病を放置することで不潔になった口内環境は、巡り巡って全身に影響を及ぼすため、決して軽く見てはいけません。特に血圧やコレステロール、中性脂肪が高めの人は、動脈疾患予防のためにも歯周病の予防と治療がより重要になってきます。健康な老後の生活のためにも、私たちは「自分の歯を何本残していくか」に、もっと注意を払うべきです。

(Health Pressより)
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する