体に悪いとされていたが、実は無害だと分かった5つの食品

 例えばコレステロール。昨年FDA(アメリカ食品医薬品局)はこれまでの指針を覆し健康への影響が懸念される栄養素からコレステロールを除外することを決定しました。これにより制限されていた卵は問題ないとされたわけですが、健康に良い食品、悪い食品は、新しい研究が発表されるたびに変わるものです。

 ここでは、かつて古い知識によって健康に悪いとされた悪玉食品が、今や新たな科学のおかげで名誉を回復した5つの例をあげてみます。


1.卵


1.png


 長い間、卵は心臓に悪いとされてきました。大きな卵1個には、コレステロールが185mg含まれているため、高い血中コレステロール値の原因になると信じられていました。しかし、この20年の栄養や医療研究で、LDLコレステロール値が正常な人にとっては、ほとんど影響がないことが示されました。(ただしLDLコレステロール値が高めの人は、1日のコレステロール摂取量に制限があるので気をつけましょう)

 現在では、コレステロールを含む卵やチキンレバー、エビ・カニなどの甲殻類を、食事指針の中で不安な食品とするのはやめて、修正しています。卵は、健康的な脂質、数種のビタミン、ミネラルを含む優秀なタンパク食品です。


2.バター


2.jpg


 おそらく健康的食品という点でもっとも悩む食品のひとつです。植物性脂肪から作られるマーガリンの起源は、1800年代中頃にさかのぼります。それ以来、マーガリンは、バターの代用品として、ほとんどの先進国で使われてきました。

 バターよりも価格が安いだけでなく、摂取する脂肪分はより少ないいう専門家の勧めから、冠状動脈性心疾患(CHD)を予防するという健康面でも、マーガリンへの移行が促進されました。ところがマーガリンに含まれるトランス脂肪酸が、実は冠状動脈性心疾患に悪影響を及ぼすことが判明しました。

 食品会社もすぐにこれに対応し、今ではトランス酸脂肪抜きのマーガリンを製造しているがトランス酸脂肪を抜く代わりに別の有害な化学物質を使用している可能性が高いため、バターを摂取した方が健康に良いことが明らかとなりつつあります。


3.じゃがいも


3.jpg


 あまり健康に良くないと考えられていた数少ない野菜のひとつで、ポテトは高血糖食品のため、避けるべき精製炭水化物食材としてひとくくりにされてしまったのです。しかし、ポテトは炭水化物、ビタミンC、ある種のビタミンB、微量元素が豊富な優良食品なのです。

 調理の仕方によって、このでんぷん食材の汚名をすすぐことができます。調理して冷やすと、難消化性でんぷんが増えるのです。この難消化性でんぷんは、食物繊維のような役目を果たし、腸内の消化を抑えて、腸内細菌にいい影響を与えます。


4.乳製品


4.jpg


 ミルク、バター、ヨーグルト、チーズなどの乳製品は、高タンパクで、カルシウムも多く含むのですが、脂肪分も多いのであまり摂取しないよう推奨されていました。

 脂質のあまり多いものは、、冠状動脈性心疾患(CHD)の危険要因になるので、避けるのがベストですが、適量の乳製品を摂取する分には心配はありません。脂肪分が少なめなら、健康食品として乳製品はどんなものでも推奨できます。


5.ナッツ類


5.jpg


 脂質もカロリーも高いとして、ダイエットを目指す人は避けるべき食品と言われていましが、ローストしていない生ナッツは、健康的な体重を維持するのにいい健康食品であることが判明しました。

 更には生ナッツを食べると、心臓血管疾患、冠状動脈性疾患、突然死など、あらゆる死の原因を減少させることができるといいます。

 ナッツのどの成分が健康にいいのか、まだ研究中ですが、栄養分が豊富なことはよくわかっています。生ナッツは、タンパク質、健康的な脂肪(低脂肪、モノ不飽和脂肪、多価不飽和脂肪)、食物繊維、微量栄養素を含んでいます。

 ピーナッツバターのようなナッツ系バターもまた、健康食品です。ピーナッツの脂肪は健康に良く、ピーナッツバターは、タンパク質、繊維、ビタミンB6、マグネシウムを含み、減量のためには、加工肉のような不健康なタンパク質ではなく、ピーナッツバターのほうがいいようです。

 今体に良いとされている食品も、そのうちそれが覆され、またその逆もしかりです。健康のためというのなら、体が求めるものを食べるべきです。ただし食べ過ぎは厳禁で、腹八分目を目安に適度にまんべんなく摂取すると良いといいます。これを食べれば絶対いいという万能食品や、絶対ダメというような思い込みの罠にはまらないようにしましょう。

(theconversation―カラパイアより)
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する