慢性的なストレスが脳の記憶障害を引き起こす!

 長期にわたる慢性的なストレスが、不安障害や鬱の原因となることはこれまでも言われてきましたが、最新の研究の結果、慢性ストレスが脳の炎症と短期記憶障害を引き起こす可能性が明らかになりました。

 米オハイオ大学で神経科学を研究するジョナサン・ゴッドバウト准教授率いるチームは、長期のストレスと短期記憶障害の関係に着目し、マウスを使った実験の結果を『ジャーナル・オブ・ニューロサイエンス』誌に発表しました。


1.jpg


 実験では、複数のマウスを脱出口のある迷路に入れて慣れさせたのち、大きくて攻撃的な侵入マウスを繰り返し投入しました。6日後、侵入マウスとたびたび対決しなければならなかったマウスは、脱出口の場所が思い出せなくなったといいます。

 反対に、侵入マウスと接触せずストレスを受けなかったマウスは、脱出口を難なく見つけることができました。


2.jpg


 ストレスを受けたマウスは、それから4週間にわたって隅でうずくまるという、うつ症状の一つである「社会的回避」を示しました。

 研究者らは、ストレスが、記憶を司る脳の部位である海馬に影響を及ぼしたと考えられ、ストレスを受けたマウスの海馬には、免疫細胞(マクロファージ)が見つかり、脳細胞の生成を抑制していたといいます。


3.jpg


 つまり、ストレスがマウスの免疫システムに自らの脳を攻撃させた結果、脳が炎症を起こして記憶障害を起こしたと考えられます。

 研究者らがマウスに炎症を抑える薬を投与したところ、社会的回避と脳細胞の不足に改善は見られませんでしたが、海馬内のマクロファージの数は減少し、記憶力は正常に戻りました。


4.jpg


 研究チームは、今回の実験結果は、「慢性ストレス」「記憶障害」「脳の炎症」「鬱」「免疫システム」のあいだの関連性を裏付けているとし、たとえばこの侵入マウスのような攻撃的・高圧的な人間によるストレスにさらされていたり、うつ病やPTSD(心的外傷後ストレス障害)に苦しんでいたりする人たちを助ける方法を見つける一助となればと考えています。

(Popular Science、medicalnewstoday―カラパイアより)
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する