<ネット注文>便利さの弊害?

 20代男性の休日における外出回数が「約30年でほぼ半減」との調査結果が判明し、ネット注文=宅配普及社会における若者行動の一面が浮き彫りにされました。



 国土交通省の「全国都市交通特性調査」は、都市における人々の動き(どうのような目的で/どのような交通手段を利用して移動しているか等)に関して集計するのを目的としたもの。

 調査が開始された1987年より、およそ5年ごとに実施され、2015年の調査では全国70都市を対象とし、4万3700世帯から回答が寄せられました。

 その集計結果(11月21日発表:確報値で)を見ると、対象者全体の1日当たりの平均移動回数は「平日で2.17回/休日で1.68回」。この数値自体が調査開始以来の「最低値」だったのですが……。


「狩り」に出ない20代男性

 ちなみに「移動回数」は下記の方法でカウントされました。


①自宅等から一度も外出しなければ「0回」

②自宅と目的地等を往復すれば「2回」

③途中に立ち寄った場所があれば「3回」


 この1日の平均移動回数の数値を「20代女性層」に絞ってみれば「平日で2.01回/休日で1.61回」となりました。比べて「20代男性層」の場合は「平日で1.91回/休日で1.24回」となり、いずれも全体と女性層の結果を下回りました。

 さらに最初の調査が実施された「1987年時点の20代男性」の移動回数(平日で2.98回/休日で2.31回)と比較してみれば、この約30年間における「外出離れ」ぶりは歴然です。

 事実、調査日に一度でも外出した人の割合を示す「外出率」でも、20代男性層の結果(平日81.2%:休日51.1%)は、全体の平均(平日89.9%:休日59.9%)を下回り、とりわけこの層(の約半数近く)は「休日に外出しない」傾向が読み取れました。

 じつは、2015年の結果は速報版(昨年12月26日発表)の時点で、<10~20代の休日外出率は6割に満たない>調査史上最低、70代の同外出率をも下回る実態が明らかにされていました。

 また、休日の移動回数でも20代(男女)は「1.43回」と減少傾向を示し、70代の「1.60回」を下回っていました。その主因は、男性陣の外出離れだと確報値で判明した次第です。



<ス二ーカー通勤>でアクティビティが増す?

 当然ですが日常のアクティビティ低下は健康にも影響を及ぼします。こうした20代の外出離れに危機感を抱いたのか、今秋からスポーツ庁(鈴木大地長官)は会社員の<ス二ーカー通勤>を奨励するキャンペーンの実施を表明しました。

 年内はポスターなどで認知度を高め、来年3月頃に本格的な取り組みを行なう予定とか。具体的には、靴の小売業やカジュアル衣料品店等と連携し、「働き方改革」に取り組む企業や全国の自治体とも協力する構えです。

 スニーカーや機能性の高い靴を履いての通勤を政府が奨励し、行きは職場のある一駅前での下車/帰りも自宅最寄り駅の手前からの徒歩を促すといいます。

 その狙いはもちろん、国民の健康増進を呼びかけ、40兆円超えと高騰一途の医療費を少しでも削減しようというものです。

 将来の「ロコモティブ症候群(運動器症候群)」に備える体づくりには、若い頃から「1日8000歩、中強度20分以上の歩き」が好ましいと言われます。まずは、足元の見直しからというわけでしょう。


ネット注文/宅配依頼で歩数激減?

 そう奨励されれば、まずは「靴選びにお店まで」と外出するのが、典型的な昭和世代の習性でしょう。「ついでにアレも探して、あそこの店も覗こうか……」と、ついつい歩数が増えて帰宅します。

 しかし、これが平成世代となると「ネット検索で購入」「日時指定で受け取り」が大勢かもしれません。ムダがなく合理的ですが、平日は「自宅↔職場のドア・トゥ・ドア」、休日も「近所のコンビニ程度」という場合、どうやって万歩計上に理想値をたたき出すのでしょう。

 非婚理由に「出逢いがないから」と弁明する独身男性は少なくありません。前掲の調査結果が物語る「外出離れ」傾向がさらに進行すれば、適齢期男女の邂逅機会はさらに減るでしょう。政府が奨励すべきは<スニーカー交際>でしょうか?

(Health Pressより)

ワーカホリックかも? 自覚し克服するためのチェックリスト

 ただ仕事が忙しいのか、すでに「ワーカホリック」になっているのか、自分で判断するためにはどうすればよいのでしょうか?



 管理職向けのコーチングの専門家によれば、頻繁に昼食抜きで仕事をしていたり、残業していたり、仕事のために予定をキャンセルしたりしているなら、あるいは仕事のメールに夜中でも返信することが1か月以上続いているなら、一度立ち止まり、自分がどのような状態にあるのか考えてみる必要があるといいます。

 保険会社の比較サイト、インシュアランスクォーツが先ごろ米国で働く1000人以上を対象に実施した調査結果によると、自分をワーカホリックだと考えている人は、回答者の36%でした。

 しかし常に働き続けていなければならないのは、会社の文化のせいなのでしょうか、それともあなた自身が、昇進するためには必要だと考えているからなのでしょうか?次の8つの行動を常に取っているなら、何があなたを仕事に駆り立てているのか、よく考えてみるべきでしょう。


●毎日昼休みを取らずに働いている

●出社するのは誰より早く、退社するのは最後だ

●休暇中でも仕事のメールをチェックする

●手に負えないほどの仕事を引き受けてしまう

●残業してたまった仕事を片付けるために、友人と会う約束をキャンセルする

●病気でも休まず出勤する

●有給休暇を消化していない

●勤務時間以降も仕事のメールを確認する


 以下、ワーカホリックの「症状」を落ち着かせ、スケジュールを自分でコントロールできるようにするために有効な6つの方法を紹介します。


1. ロールモデルを探す

 仕事量を適切に管理できている同僚を見つけ、「線引き」の方法や仕事の優先順位の付け方を教えてもらう。


2. マトリックスを使い優先順位を決める

 抱えている仕事を「重要である/ない」「緊急である/ない」に応じて4つに分類し、適切に優先順位を付ける。そして、「重要であり緊急」に入る仕事だけに集中する。ただし、このとき「重要だが緊急ではない」に入る仕事にはより戦略的なものが含まれ、影響力は最も大きい可能性があることを忘れてはいけない。


3. 上司の承諾を得る

 自分のやるべき仕事を20リストアップして、優先順位の高い順から書き出す。そのリストを上司に見せ、「優先すべき5つ」の仕事が何かを伝える。その上で、それ以外の仕事には「後で」対応することにしたいと伝える。それを認めてもらえば、あなたが抱えているうちの15の仕事は、上位の5つが終わるまで心配しなくても良いとの許可を得たことになる。


4. 手放す

 完了していないことがあるとき、ワーカホリックの人は立ち止まることができなくなる場合が多い。だが、上記の「優先すべき5つ」に入っていない仕事は後回しにしてもいいのだと、自分に言い聞かせることが必要だ。


5. スケジュールを管理する

 ワーカホリックでいると、家庭生活においてもあれこれ予定を入れすぎるようになってしまう。週末に入れる予定は何か一つだけにしておこう。


6. 楽しむ時間を予定に入れる

 本当のワーカホリックたちの予定表には、きっと楽しいことが何一つ入っていないだろう。注意が必要なのは、趣味を仕事にしないことだ。目標を設定することなく、ただ楽しむだけの時間を持つことを予定に入れるようにしよう。

(Forbesより)

本当にあったスマートスピーカーの怖い話

 グーグルのGoogle HomeとアマゾンのEchoが日本でも発売され、最近は「スマートスピーカー」に興味を持っている人が増えてきています。音声AIアシスタントを搭載した頭のいいスピーカーです。スマートスピーカーは四六時中私たちのそばで聞き耳を立てているわけです。もちろん、普段は「あ、聞かれてる…」などと意識はしないと思いますが、話しかけてもいないのに、いきなりスマートスピーカーが話始めたりするとゾッとします。


スマートスピーカー同士の会話

 スマートスピーカーの「中のヒト」同士が話すとどういう結末になるかご存知ですか? Google Homeを2台用意して、ただひたすら会話をさせオンライン中継した動画が一時期話題となりました。1台のGoolgeアシスタントが「自分は神だ」と宣言し始めると、もう1台が「それはウソだ、私も人間だ」と宣言し始めたりと、人工知能同士が会話をしている様はなかなか不気味であります。




 会話が成立するというのは頭がいい証なのに、ちゃんと会話が成立するとなぜかゾッとしませんか? 動画では、しまいに熱烈な求愛が始まり、2人の愛は成就することに…。

 ちなみに、iPhoneとiPadのSiri同士で同じようなことを試した人もいます。デイリーポータルZにあげられた動画では、片方のSiriが「すみません、よくわかりません」と答えると、もう一方のSiriが「心配いりませんよ」と励ます様子が。




 その後も、お互いが理解できない状況をカバーし合っているのがなんとも健気。「なんだかほのぼのするなぁ」なんて思っていた矢先、「私はたくさんのことを知っていますが、もっと知りたいと思っています」と答えるSiriに対し「意味がわかりません」といきなり突き放すもう一方のSiri。

 これらを見ていると、もしかして人工知能はときには「わからないフリ」も使いこなしているんじゃ…なんて気すらしてきます。


ウェイクワードを使ったテレビによるハッキング

 スマートスピーカーはときにはテレビに悪用されることも。バーガーキングのワッパーバーガーのテレビCMは驚異的です。店員が「ワッパーバーガーの新鮮な食材について15秒では説明しきれないよ。OK, Google。ワッパーバーガーってなに?」と語りかけます。




 これで視聴者宅のGoogle Homeがドンっ!と一斉に目をさますことに。Google Homeが、Wikipediaからワッパーバーガーのページの説明を読み上げることになり、各業界でかなりの議論を巻き起こしました。これは、バーガーキングが地上波を使ってGoogle Homeをハッキングしたってことですから。

 また、アニメ『サウスパーク』がAlexaをハックする出来事も話題となりました。物語のAmazon Echoが登場するシーンで、キャラクターが「Alexa」と語りかけるたびに、それを見ているユーザー宅のAlexaが反応してしまっていたそうです。

 またThe Vergeによると、ニュースの生中継中にもAlexaにまつわる事故が起こっていたようです。まず、6歳の子どもが親の知らないところでAmazon Echoでドールハウスを注文してしまったのです。このニュースを報道していたキャスターが、番組中に「『Alexa、ドールハウスを注文して』なんて、可愛らしい女の子ですね」と言ってしまいました。番組を見ていた視聴者宅のAmazon Echoまで反応してしまい、被害を広げてしまうエピソードまであります。そのうち、テレビのコンテンツ内でもウェイクワードには「ピー」が入るようになるのかもしれません。


警察の捜査に使われる

 スマートスピーカーが警察の捜査に利用されるケースもあります。とあるアメリカで起きた殺人事件の証拠品として、現場そばに置いてあったAmazon Echoの録音データの提出を、Amazonが警察から求められたという事件です。当然最初はAmazonも提出を拒否していたのですが、結局提出に同意する形となりました。「証拠になるかもしれない」という理由でこれからもユーザーの音声が利用されたら…プライバシーが軽視される可能性も否めません。

 そのほか事件関連だと、「999(イギリスの警察番号)に電話をして」とAlexaに頼むも上手くいかなかったケースや、逆に家庭内の暴力事件の真っ只中にAlexaが勝手に911(アメリカの警察番号)へ電話をして助かったケースもあり、聞き耳を立てているスマートスピーカーの存在が事件に大きな影響を及ぼす時代となってきています。

 犯人を捕まえられる一助になるということは単純に嬉しいことなのですが、逆にスマートスピーカーに聞かれた内容がいつ大きな権力に利用されるかわからないと思うと、ユーザーとしてはやはり複雑です。

(GIZMODOより)

私たちに「デジタル・デトックス」が必要な4つの理由

 私たちが1日にスマートフォンに触れる回数は、80回に及ぶといいます。身をすくませる人も多いだろう驚きの数字です。もはやスマホなしで暮らせないことは明らかです。そして、何より困るのは私たちが、そのもたらしている実害に気づいていないということです。



 スマホにおとなしく従属する生活を終わらせるための方法について、考えを巡らせている人もいるかもしれません。例えば、夜間は使用禁止にする、眠るときは寝室の外に置いておく(目覚まし時計を買えばいい)、夜遊びに出かけるときはスマホを持っていく担当者を決めておく(自撮り写真には1台あればいい)、週末はスマホを絶対に使わないことにするなど──。

 今あなたに必要なのは、習慣を変えるためのちょっとしたきっかけかもしれません。スマホという「ドラッグ」漬けの生活から抜け出してみることの利点には、次のようなものがあります。


アイデアを得られる

 自分と向かい合い、立ち止まり、観察する時間を持てば、物事にパターンがあることに気づき、点と点のようだった事柄の間をつなげて考えることができます。パターンを見出すことは、大小さまざまなアイデアを得るために必要な「物事の実態を見抜く力」です。常に無意味なことで頭がいっぱいになっていては、アイデアを得る力を失ってしまいます。

 スマホが使えないときには、あなたの視線は上を向き、周囲で起こっているさまざまなことに気づくことができます。人と話したり、その人たちの意見に耳を傾けたり、あらゆる感覚から情報を入手することができます。そうすることが、あなたの創造力に「充電」をすることになります。アルフレッド・ヒッチコックいわく、「アイデアはどこからでも生み出すことができる」。しかしそのためには今この瞬間に意識を向け、周囲で起きていることに気づくことができなければなりません。


集中できる

 「あの人はお昼に何を食べたのだろう」などという些末なことで頭がいっぱいになっているときでなければ、あなたは何が急を要することであり、重要なことであるのかを明確に判断することができます。しかしスマホは物事に優先順位を付ける私たちのそうした能力に混乱をきたします。会議中にスマホが鳴れば、重要な話し合いの内容から気がそらされてしまいます。

 定期的にスマホを使わない期間を持つことで、私たちは本当に必要な「仕事との距離」を作ることができます。そうすることで、集中すべきものと、放っておいて構わないものを大局的な視点から判断できるようになります。成功を収めているリーダーたちの大半は、自らの成功において大きな鍵を握っているのは集中力だと言います。しかしスマホは私たちが集中することをほぼ不可能にしています。


仕事上の人間関係を改善できる

 メールでのやり取りをあえて少なくし、(電話を持たずに)直接会って話すようにすれば、物事をより迅速に進め、より深く踏み込むことができます。たった一度しっかりと話し合うことは、内容が曖昧な100通のメールのやりとりに匹敵します。

 直接会って話をすることはお互いへの信頼感を高め、透明性を高め、何らかのずれが生じ始めたときには、深刻な問題になる前にそれらを確実に伝え合うことができるようになります。メールでのやりとりは、人同士の繋がりという「主役」を支援する役にすぎず、これら二つの果たす役割が入れ替わることはありません。


健康になれる

 人と一体感を持てるとき、私たちの脳内ではドーパミンが分泌されます。社会的健康・関係に関する研究では、人とのつながりが不足していることは、喫煙や肥満、高血圧より健康に悪影響を及ぼし得るとの結果が示されています。

 さらに、人とのつながりは私たちに心地のよさをもたらすだけでなく、免疫機能を高めることが分かっています。炎症が収まり、ストレスホルモンの分泌量が減少し、不安やうつの症状が改善します。長生きにもつながる可能性があるといいます。

 私たちの誰もが、一緒にいる人がスマホの画面に見入っているとき、光っても振動しても必ず反応するとき、自分がどんな気持ちになるかを知っています。その人が目の前にいる私たちよりスマホの方が重要だと言っているに等しい行動であり、その場の雰囲気は台無しになります。スマホを手放してみましょう。あなた自身とあなたの健康のために、そして友人たちのために。

(アナベル・アクトン―Forbesより)

認知機能検査

 先日、認知機能検査を受けました。認知症の疑いがあるので検査したわけではありません。最近は運転免許更新のための高齢者講習を受講する前に、認知機能検査を受けることが義務付けられました。

 検査時間は30分で、現在の日付とおよその時間を記入。16点のイラストの記憶の記憶。羅列した数字の表を見て、指定された2つの数字に斜線を引く。先ほど見たイラストを思い出しながらできるだけ書く。時計を描き、指定された時間を短針、長針で表すというテストで、小学生の低学年でも答えられる内容です。

 49点以下は高齢者講習の内容や講習時間が変わり、手数料も高くなります。また医師の診断が必要になります。



イラストパターンA




 検査の結果は90点でした。事前に見せられた16点のイラストをすべて書き出すことは年齢に関係なく、記憶術でも使わない限り難しいので、100点はとれませんでした。

 なお、警察庁のホームページに、16点4組のイラストパターンが公開されているので、事前に記憶しておけば、100点をとることも不可能ではありません。


パターンA

パターンB

パターンC

パターンD


 車がなくても、私の日常生活ではそれほど不便ではないのですが、来年の5月にアメリカ旅行を予定し、空港からレンタカーを利用するので、運転免許を更新する必要があったわけです。