52の「知能遺伝子」が人間のIQ差に2割の影響を与えていることが徐々に明らかに

 人間は、姿形は似ていても脳の働きから生まれる「知能」には差があります。同じ場所に住む人であっても知能に違いが生まれる原因はまだよく解明されていませんが、ある研究結果によるとその違いに関連する52個の遺伝子の存在が浮き彫りになっています。

 

 

 この研究を行ったのはヨーロッパとアメリカの合同研究チームで、8万人を対象にした研究結果から、52の遺伝子が知能に関連していそうなことがわかってきたとのこと。これまで、知能を決定する背景に遺伝子が存在するのかどうかすらよくわかっていなかった中、この研究結果は「画期的である」とする科学者も存在しています。

 しかし、現時点ではこの遺伝子が知能を決定するものではないことも事実とのこと。その影響力はごくわずかで、知能はその人が暮らしている「環境」によってもっと多くの影響を受けることがわかっています。

 過去100年におよぶ科学では、知能をはかるテストでは被験者に対していくつかの質問を問う形式で行われてきました。これには非常に多くのテスト項目があり、その結果には偏差がありますが、知能が高い人はどのテストでもだいたい結果が良く、逆に低い人は総じて低い傾向にあることがわかっています。

 脳における何が知能に影響しているのかは、現在の科学ではまだ明らかにされていません。関連する項目の1つが「脳の容積」、つまり脳の大きさとも見られていますが、実際には脳の容積が小さい人でも知能の高い人は存在しているとのことです。

 

 

 研究を行った、オランダ・神経ゲノミクス認知研究センターのダニエル・ポスツマ研究員はこの分野の研究を1990年代から行っており、その違いについて「脳内の信号伝達の効率か?それとも受容体の働きが悪いことで影響が出るのか?」といった目線で調査してきたとのこと。

 遺伝子と知性の関連を調べるにあたり、最も有用な例となるのが同じ卵子から誕生した一卵性双生児による双子のケースです。年の離れた兄弟に比べ、一卵性双生児は同じような知能を示すことが過去の研究からも明らかになっていますが、それでも知能に遺伝子が影響しているとはいえません。研究チームでは関連する調査を行ってきたものの、なかなか目指していたような結果が出せない状況が続いたとのこと。

 研究チームは7万8000人におよぶ過去の研究事例13件の情報をデータベース化して調査を行いました。ポスツマ氏は「どうせ何も出ないだろう」と思っていたとのことですが、ここから52の遺伝子が知能に関連していることをしめす結果が浮き彫りになったとのこと。このうち、12の遺伝子は既知のものでしたが、残りの40個は初めて確認されたものだったそうです。

 

 

 これまで、遺伝子が知能に与える影響は未知数とされていましたが、今回の結果はそこに関連性があることを浮き彫りにしたという意味で、複数の研究者が「画期的」なものであるとの見方を示しています。しかし、この遺伝子によって説明される知能の違いは全体の20%程度と、限られたものであるということも事実です。

 今回は遺伝子と知能の関係が認められる糸口となったわけですが、研究者は「まだまだ進むべき道は長いです」と語り、さらなる研究が求められているとのこと。また、ここには自閉症との関連があることも明らかになってきており、さらなる解明が待たれるところです。

(The New York Times―Gigazineより)


筋力低下は死に繋がる!老化防止に大事なのは筋肉

 高齢化社会では、姿勢の保持や移動がままならなくなる老化現象に悩む人が急増しています。ここで重要になる骨や筋肉の老化は、心臓・血管・脳などの老化と同じで、40代からゆっくりと進行していくことが分かっています。


筋肉の減少は30代から始まり、進行すると命に関わることもある

 筋肉量の減少は30代から始まりますが、特に40代以降は顕著になります。健康な人でも80歳前後には30%程度の筋肉が減少します。老化によって筋肉量が減少し、握力や歩行機能の低下などの身体機能の悪化が見られる状態は「サルコペニア」と呼ばれています。

003.jpg


 サルコペニアに陥ると、日常生活に支障をきたすだけではなく、転倒による骨折や、内臓機能の低下による生活習慣病から脳梗塞や心筋梗塞などの命に関わる疾患や認知症などが発症しやすくなると言われています。デスクワークなど座りっぱなしの生活をしていたり、歩かずに車ばかり利用する、日常的に運動量が少ない、運動せずにカロリーの調整だけでダイエットしている人はサルコペニアになりやすい傾向があります。


筋肉は脳に直結しているので、鍛えるには脳神経の興奮が必須

 筋肉の老化を防ぐためには、アンチエイジングの知識を身に着け、生活習慣を整えることが大切です。筋肉は身体を動かす運動器という役割にとどまらず、生きた器官として全身の臓器と密接に関わっています。骨格筋として姿勢や動作を保つ役割は想像がつきますが、消化管や血管など内臓の動きにも関与しています。

 体の中には発汗の際に働く汗線周囲の筋肉や、視力を調節するレンズ周囲の筋肉など小さな筋肉も含めると650種類もの筋肉があり、その全てが連動して生命活動を支えています。これら全ての筋肉には共通点があり、それは、筋肉は神経を介して脳とつながっています。

 医学では筋肉の理解は重要で、医学生は生理学の授業の最初に筋肉の働きを学びます。筋肉は神経・脳と一連の構造体として内臓から体幹まで人の身体の大部分を覆っているため、生理学では極めて重視されます。

 運動ばかりしている人のことを揶揄して「頭まで筋肉のよう」と言うことがありますが、面白いことにこれは筋肉と脳の関係を言い得ています。というのも、脳の中で運動を司る運動野と感覚を司る感覚野は、神経を介して筋肉と密接に結びついており、筋肉を動かすためには対応する運動野の脳神経が興奮する仕組みとなっています。逆に、脳神経が興奮するとその刺激が神経を通って筋肉に届き、初めて筋肉が動きます。すなわち、脳がしたいことを表現しているのが筋肉なので、脳と筋肉を切り離して捉えることはできません。

 最近では、筋肉を鍛えるために電気刺激で筋肉を刺激するトレーニング器具がありますが、これは実用的な筋肉の動きの改善や筋力アップにはほとんど意味をなしません。こうした機器は自分の意志とは無関係に筋肉を動かすため、筋肉を大きくする効果しかありません。使える筋肉を鍛えるには、対応する脳神経の興奮が必須なのです。


筋肉を強化する栄養素はタンパク質とビタミンD

 筋肉を作るために必要な栄養素としてまず挙げられるのは良質のタンパク質です。タンパク質は消化の際にアミノ酸に分解されて吸収されますが、このアミノ酸が筋肉を合成する原料になります。タンパク質を構成しているアミノ酸は20種類ですがそのうち9種類は体内で合成できません。そのため食事から摂り入れる必要があります。これら9種類の必須アミノ酸をバランスよく含んでいるのが良質のタンパク質になります。

 タンパク質は動物性のものと植物性のものがありますが、動物性タンパク質には9種類の必須アミノ酸が全てバランスよく含まれています。一方で植物性タンパク質は、含まれているアミノ酸にばらつきがあります。ただし、動物性タンパク質を摂り過ぎると悪玉の脂肪の摂取も過大になるリスクがあるので、動物性タンパクに偏らずに植物性タンパクも摂り入れてバランスを保つことが大切です。

(Diamond男の健康より)

中国産豚肉の安全性に警鐘ならすエッセイ

豚の立場から食肉の現実を告白


buta.jpg


 俺は豚。もうすぐあの世に行く運命にある。このままお別れするつもりだったが、黙って逝くのには心残りがある。遺書を残すことにした。そうすれば、豚に生まれてきた甲斐もある。

 短い一生だったが、豚に生まれたことを後悔していない。人間は万物の霊長だというけれど、俺たち豚も、人類の歴史上、大きな役割を担ってきたと自負している。豚肉は人類が古くから慣れ親しんできた。食用する人口は最も多く、品種も最も豊富だ。もし豚肉が無かったら、人類の生活や歴史が様変わりするはず。そうだろう?

 もっとも、豚としての人生に後悔はなくとも、生まれる場所を間違えたことだけは、とても悔やんでいる。もし来世があるならば、もう絶対に中国だけはご免だ。君たち中国の消費者に、あまりにも申し訳ないからだ。

  今どきの豚肉は美味い食べ物どころか、君たちの健康を損ない、命を危険にさらす毒食品でしかない。俺たちのほとんどは、添加物の入った飼料で肥育されるものだ。より大きな経済利益を追い求め、より多く金を稼ぐために、俺たちの飼い主がエサに何を混ぜているか、君たちは知っているか?

 ずっと昔、俺たちの先祖は自然な食べ物を与えられて育ち、通常は100キロに成長するのに12カ月かかっていた。だが今は違う。俺たちは促成肥育で飼育され、わずか5~6カ月で100キロから150キロに成長する。飼料にさまざまな添加物が使われているからだ。

 子どものころは毎日1キロから1.5キロの飼料が与えられる。飼料50キロのうち、十キロ以上は添加物だ。こうしたエサを食べると、1日で500グラム以上成長する。だがこのころはまだ、豚小屋の中で走り回るだけの力がある。

 体重が25キロを超えると、飼料の量は同じでも毎日1キロから1.5キロも体重が増えてゆく。しかも大量に水を飲むようになる。そしてこの時期から、食事の時に人間に起こされるときを除いて、ほぼ一日中眠り続けるようになる。

 毛並みの良い見た目がきれいな豚は高値で売れるから、体重が50キロになると添加物入りの飼料に顆粒の尿素も追加される。通常は畑にまく、化学肥料の尿素だ。こうした飼料を食べると、俺たちの成長速度はものすごく速くなる。そして100キロから150キロくらいになったらすぐに出荷される。それ以上太ると自分の重みで立てなくなるからだ。


添加物の成分は安物のホルモン剤、ヒ素、鎮静剤、銅

 飼料の添加物の成分を知りたいって? 安物のホルモン剤、ヒ素、鎮静剤、銅などだ。ホルモン剤は豚の成長を促進できるが、安いホルモン剤は人間の身体にもとても悪く、女の子の初潮が早まったり、高齢者の発病率が上がったりする。ヒ素が毒なのは言うまでもない。鎮静剤は人間の頭の回転を悪くするし、銅を多量に摂取すると知能指数や健康に深刻な影響を被る。

 つまり、これらの化学物質や化学薬品が人の体内に入ると、どんどん蓄積され、人間の成長発育に悪質な影響を与えるのだ。食べ続けると長期的な不定愁訴が現れるようになって、そのうち体に痛みが出て、最終的にはガンを発症する。これでもまだ、今の豚肉が毒でないと思うかい?

 俺たちの飼い主は、こうした危険性を知らないのではないか、などと甘いことを考えたらダメだ。そんなことは承知の上だ。だから養豚業の関係者が普段食べているのは、こうした飼料を与えられずに「普通に」育てられた豚の肉だ。ごく一握りの幸運な豚は、添加物不使用のエサを与えられて成長する。養豚家の口に入るために。

 危険性を知っても肥育法を変えようとしないのはなぜか? 理由は簡単。俺たちが速く大きく成長し、高値で売れるからだ。もし昔のやりかたで養豚業を営んだら、間違いなく大損する。

 そうそう、大切なことを言っておく。俺たちの肝臓や血液、そして肺は毒素が一番蓄積している部分だから、絶対に食べないように。

 実は豚に限らず、今いる全ての家畜や養殖魚はぜんぶ似たり寄ったりの方法で飼育されている。なぜ中国がまたたくまに世界一の畜産国になったか、秘密はここにあるのだ。

 現代社会の人間は、良心をどこかに置き忘れて金の亡者と化している。でも俺は、善良で無能な一匹の豚として、君たちに危害を与えたくない。だが俺には、この世を去る前に君たちに真実を語る以外になすすべがないのだ。

 そろそろ時間だ。みなさん、さようなら。


 以上中国系ニュースサイト「大紀元」の中国産の食品の危うさを豚の立場で書いた秀逸なエッセイです。中国国内では「本当に危ないのは中国産」との声も上がっていますが、いずれにしても他国からの輸入食品にかぎらず、日常的に口にする食品の安全性に対する不安は最も大きいもののひとつです。

(Health Pressより)

まことに、まことに汝らに告ぐ(BWV86)

 今日は復活祭後第5主日です。この日のためのカンタータもBWV86と87の2曲しか現存しません。BWV86は一昨年のブログでも取り上げましたが、再度聴くことにします。17124.5.14ライプツィヒで初演されています。


Bloch-SermonOnTheMount.jpg


 ヨハネ福音書によると受難を間近に控えたイエスは、弟子たちに長い決別の説教を行い、受難を通じての別れに、弟子たちを備えさせた。この日の福音書章句は、イエスは天上の父についても語り、父と弟子たちを、直接的な結びつきに置こうとします。合唱は最後の4声コラールだけで、小編成の落ち着いたカンタータです。


 トン・コープマン指揮、アムステルダム・バロック・オーケストラ&合唱団、シビラ・ルーベンス(S)、ベルンハルト・ランダウアー(CT)、クリストフ・プレガルディエン(T)、クラウス・メルテンス(B)の演奏でお聴きください。





まことに、まことにわれ汝らに告ぐ(BWV86)

1.アリオーソ(バス)

Wahrlich, wahrlich, ich sage euch,

本当に、本当にお前たちに言っておく。

so ihr den Vater etwas bitten werdet in meinem Namen,

お前たちが父に何かを私の名で願うならば、

so wird er's euch geben.

父はそれをお前たちに与えられるだろう。

2.アリア(アルト)

Ich will doch wohl Rosen brechen,

私はバラを手折ろう、

Wenn mich gleich die Dornen stechen.

刺が私を刺したとしても。

   Denn ich bin der Zuversicht,

 それは確信があるからだ、

   Dass mein Bitten und mein Flehen

 私の願いと祈願が

   Gott gewiss zu Herzen gehen,

 きっと神の心に届くという。

   weil es mir sein Wort verspricht.

 お言葉が私に、そう約束されたのだかから。

3.コラール(ソプラノ)

Und was der ewig gültig Gott

永遠に慈しみ深い愛が

In seinem Wort versprochen hat,

御言葉で約束されたことを、

Geschworn bei seinem Namen,

御名において誓われたことを

Das hält und gibt er gwiß fürwahr.

神は確かな真実として保ち、与えてくださる。

Der helf uns zu der Engel Schar

神が私たちを助け、天使の群れへと加えてくださいますように、

Durch Jesum Christum, amen.

イエス・キリストによって。アーメン!

4.レチタティーヴォ(テノール)

Gott macht es nicht gleichwie die Welt,

神のなさり方は、この世とは違う。

Die viel verspricht und wenig hält;

多くを約束し、守ること少ないこの世とは、

Denn was er zusagt, muss geschehen,

なぜなら、神の約束されたことは、必ずおこるからだ。

Dass man daran kann seine Lust und Freude sehen.

人はその成り行きに神の快と喜びを見る。

5.アリア(テノール)

Gott hilft gewiss;

神はしっかり助けてくださる。

Wird gleich die Hilfe aufgeschoben,

助けがたとえ先延ばしされたとしても、

Wird sie doch drum nicht aufgehoben.

それが放棄されることはない。

Denn Gottes Wort bezeiget dies:なぜなら、

神の御言葉はこう語るからだ:

Gott hilft gewiss!

神はしっかり助けてくださる!

6.コラール

Die Hoffnung wart' der rechten Zeit,

希望をもってしかるべき時を待ち望め、

Was Gottes Wort zusaget,

それこそ神の御言葉が約束されたこと。

Wenn das geschehen soll zur Freud,

いつそれが起こり喜びとなるか、

Setzt Gott kein g'wisse Tage.

神は確かな期日を定めておられない。

Er weiß wohl, wenn's am besten ist,

よく知っておられるからだ、いつが最良かを。

Und braucht an uns kein arge List;

そして私たちに、悪だくみをなさらない。

Des solln wir ihm vertrauen.

だから私たちは、神により頼むべきなのだ。

                         対訳:磯山 雅


ヨハネによる福音書 16章 23-30

その日には、あなたがたはもはや、わたしに何も尋ねない。はっきり言っておく。あなたがたはわたしの名によって何かを父に願うならば、父はお与えになる。

今までは、あなたがたはわたしの名によっては何も願わなかった。願いなさい。そうすれば与えられ、あなたがたは喜びで満たされる。」

「わたしはこれらのことを、たとえを用いて話してきた。もはやたとえによらず、はっきり父について知らせるときが来る。

その日には、あなたがたはわたしの名によって願うことになる。わたしがあなたがたのために父に願ってあげる、とは言わない。

父御自身が、あなたがたを愛しておられるのである。あなたがたが、わたしを愛し、わたしが神のもとから出て来たことを信じたからである。

わたしは父のもとから出て、世に来たが、今、世を去って、父のもとに行く。」

弟子たちは言った。「今は、はっきりとお話しになり、少しもたとえを用いられません。

あなたが何でもご存じで、だれもお尋ねする必要がないことが、今、分かりました。これによって、あなたが神のもとから来られたと、わたしたちは信じます。」

うつ病が血液検査で客観的に判定できる?

 なんだか気分が優れない。どこか身体の調子がおかしい。そんなとき、人はいろんな病院にかかるものですが、最終的に精神科へと行きつき、ようやくうつ病と診断されるケースは少なくないようです。


b.jpg


 このほど国立精神・神経医療研究センターによると、九州大学大学院や大阪大学大学院の教授陣からなる共同研究グループが、重度のうつ病に関連した血中代謝物の特定に成功したそうです。うつ病は、これまで患者の主観的な説明くらいでしか診断できませんでしたが、血液検査で客観的に抑うつ状態の選別が可能になるとのこと。その画期的な研究成果が、科学雑誌の「PLOS ONE」を通じて世界へ発表されました。

 同研究では、従来より行っていた、面接とアンケートによる2つの検査の他、抑うつ症状を示す患者に採血をし、メタボローム解析によって微量の血液成分から100種類を超える代謝物を同時計測しました。3つの検査を比較した結果、3-ヒドロキシ酪酸やベタインなど、特定の血中代謝物が重度のうつ病と関連性が深いことが判明しました。また、一言でうつ病と診断されても、実際には、罪悪感を抱いたり、なにごとに対しても興味関心を失ったり、生きる気力をなくしたりと、その症状はさまざまです。今回の研究では、それぞれの症状に応じて、異なる血中代謝物が関連していることも明らかになっています。

a.jpg

 うつ病の各症状に影響がある血中代謝物が特定されると、それをターゲットにする食品や医薬品の開発も容易になります。将来的には、どんなうつ病の症状が強いかに応じて、その原因となる血中代謝物を抑制する食べ物や薬の処方が可能になるかもしれません。また、今回の研究では、自殺願望が強まることと関連性の高い、危険な血中代謝物が多く見られた患者を対象に、衝動的な自殺につながりやすい状況を予測するアルゴリズムも同時開発。うつ病の新たな治療方針に役立てられていきそうです。

(国立精神・神経医療研究センターHP―GIZMODOより)