脚を鍛えれば血圧は下がる!

 気温が下がると血圧は上昇傾向になります。寒さのために、血管が収縮して細くなるので、心臓はより力を入れて全身に血液を送り出そうとするからです。

 心臓が収縮して大動脈へ血液を送り出すときの圧力が「収縮期血圧」(俗にいう「上の血圧」)で、心臓が拡張して全身の静脈から心臓に血流が流れ込むときの血圧が「拡張期血圧」(下の血圧)です。



 2000年までは血圧の正常値は上=140mmHg未満、下=90mmHg未満であり、「高血圧」は上=160mmHg以上、下=95mmHg以上で、その中間は「境界型高血圧」と呼ばれ、もちろん降圧剤の処方はされていませんでした。

 ところが2000年に日本高血圧学会が高血圧の基準を突然、上=140mmHg以上、下=90mmHg以上に引き下げ、さらには血圧を下げる場合の目標値を上=130、下=85としました。この基準からいけば、日本人の少なくとも約4000万人、多く見積もると約6000万人が高血圧ということになります。

「高血圧」が長く続くと、脳卒中(出血、梗塞)、高血圧性心臓病(心不全)、虚血性心臓病(狭心症、心筋梗塞)、高血圧性腎臓病(→腎不全→透析)、腹部・胸部大動脈瘤破裂、脳血管性認知症などを発症しやすくなるので、西洋医学では投薬により何がなんでも140/90mmHg未満に抑え込もうとします。

 脳、心臓、胃腸、腎臓、肺など、ありとあらゆる体内の臓器は、血液が運んでくる種々の栄養、水分、酸素、ホルモン、免疫物質などを糧にして、生活(その臓器特有の働き)を営んでいます。よって、血圧を必要以上に無理に下げると、こうした臓器に栄養が十分に届けられないので、健常な働きが完全に遂行できず副作用が表れることもあります。

 「血圧」は全身の臓器に血液を送り届けるための「心臓の圧力」です。血圧が上昇するということは、なんらかの理由(血管が動脈硬化で細くなっている、病気の臓器が血液を大量に必要としている、など)があるからです。ですがら降圧剤なしでも、正常血圧に保てるような生活習慣を身に付けることが肝要です。


正常血圧を保つ生活習慣

 それには「高血圧」の原因を理解し、それに対処する生活習慣を励行する必要です。しかし、若い人には高血圧に悩む人は少ないし、年齢と共に高血圧患者は増えてくるので、高血圧は「シミやシワ、白髪や薄毛」などと同じく、「老化現象」の一面があります。

 「老化は脚から」ともいわれるように、足、腰、尻など下半身の筋力・筋量が低下してくると種々の老化現象が出現し、血圧は上昇してくる傾向があります。

 若いときは尻、太ももなどの筋肉が発達しており、その筋肉内を走っている毛細血管の数も多く、下半身に血液が潤沢に巡り、「頭寒足熱」の健康状態にります。歳と共に下半身の筋力や筋肉が減弱してくると、毛細血管の数も減り、行き場を失った血液は上半身に集まってきます。その結果、上半身の腕で測る血圧が上がってきます。

 ですからウォーキングをはじめとする運動、スクワット、ももあげ運動などで下半身の筋肉を鍛えると、上半身の血液が下半身に降りてきて、血圧は下がってきます。また、筋肉運動により「プロスタグランジン」「タウリン」などの「降圧物質」の産生分泌が増加し、血管が拡張し、また利尿も促進され、塩分、水分も排泄されて血圧が下がってきます。

 「老化は脚から」といわれますが、「高血圧の最大の原因は脚の弱り」と考えられます。高血圧をはじめ、心臓病、糖尿病、痛風、脳卒中などの生活習慣病を防ぐために脚の筋肉の鍛錬は極めて大切です。

(Business Jouenalより)

友情によって脳はブーストする!

 80歳でありながら50歳の人々よりも高い認知能力を示す「スーパーエイジャーズ」と呼ばれる人々を調査した研究が発表されました。アンケート調査によると、スーパーエイジャーズは多くの点でスーパーエイジャーズでない高齢者と評価を同じくするのですが、人間関係に関しては顕著な違いが出たそうです。



 ノースウェスタン大学の研究者らは9年にわたって、自分よりも20~30歳も年下の人たちよりも記憶力がよい80歳以上の男女「スーパーエイジャーズ」を調査しました。被験者らは期間中、アンケート調査と神経心理学のテスト一式、脳スキャン、神経学的なテストなどを行いました。

 スーパーエイジャーズに関する研究結果はこれまでにも発表されていますが、最新の研究では31人のスーパーエイジャーズと19人の「普通の」年配の人々に対して42項目からなるウェルビーイングについてのアンケート調査を実施。すると、人生の目的や自主性といった多くの項目についてスーパーエイジャーズは「普通の」人々と同じような評価を行う一方で、満足感・温かさ・信頼関係といった項目の評価は大きく異なっていたとのこと。このことから、「社会的な人間関係が非常に重要になってくる」のだと研究を行ったエミリー・ロガルスキー教授は語りました。「絆の強いソーシャルネットワークを持っていればアルツハイマー病にならないといった単純な問題ではないのですが、健康的な食事をする、禁煙する、といった項目と並んで『社会的なネットワークを持つ』ということが健康的な選択としてあるのです」とロガルスキー教授。

 退職者のためのコミュニティに参加しているスミスさんもスーパーエイジャーズの1人。スミスさんは新しい人が入ってくると、彼・彼女が自分の家にいるかのように感じられるよう温かく迎えます。「私は新しい人が入ってくると、その人の名前をできる限り早く覚えようとしますし、彼らを見かけたら『おはよう。調子はどう?』と声をかけます」「年配の人の多くは同じ話を何度も繰り返し、人の話に興味を持つのではなく不平ばかりを言う人も。これはひどいことです。人の話を聞くべきなのに」とスミスさんは語りました。コミュニティの管理者であるブライアン・フェンウィック氏も「彼女は人と深く関わる人物で、私たちのコミュニティをよく保ってくれます。彼女は何が起こっているかに敏感ですし、話し出すことを恐れません」と語っています。

 別のスーパーエイジャーである86歳のビルさんは、1999年にセールス&マーケティングの職から退いて初めて「感情をあらわにすることの大切さ」に気づいたのこと。「男性は通常、感情について話しません。私も自分を閉じ込めるタイプの人間でした。しかし、他人に対して心を開くことを学んだのです」とビルさん。

 ビルさんが創設に携わった、退職した男性のためのコミュニティ「Men Enjoying Leisure」には、今や150人のメンバーが所属しています。Men Enjoying Leisureでは月に2時間ほど集まって自分の身に起こっている物事について語り合うそうです。病気・離婚・子どものことなどについて話し合うことで、人々は自分だけが問題を抱えているのではなく、人も同じような問題を抱えているのだと学びます。語り合いを通して、男性たちはいい友人関係を築けるとのこと。

 研究に参加したスーパーエイジャーのうち2人は一緒に暮らしていますが、そのうちの1人であるフィネガンさんは、もう1人のグレースさんがいなければ孤独だったかもしれないとのこと。フィネガンさんは難聴と加齢黄斑変性を患っていますが、その他については驚くほどに健康です。そのフィネガンさんも「電話を取ってくれる友人がいるということがとても重要なのです」と語っています。2人は高校の同級生なのですが、88歳になっても毎日ほかの友人を含めたみんなでおしゃべりを楽しんでいるとのこと。

 過去にもスーパーエイジャーズを対象とした研究は行われており、MRIの結果、スーパーエイジャーズたちの脳は普通の人と比べて、灰白質から構成され神経が豊富な外皮質が分厚いことがわかっていました。しかし、実際の生活面でどのような違いが出ているかは、今回の研究で初めてわかったこと。

 上記の調査結果は、「認知力の低下リスクを軽減するためにはポジティブな関係が役立つ」といった過去の研究結果と一致します。ただし、ノースウェスト大学の研究者らは、スーパーエイジャーズがどのようにして良好な人間関係を維持しているのかや、スーパーエイジャーズにとって有効なことが他の人にとっても役立つのかの調査をまだ行っておらず、今後の調査が待たれるところです。

(Gigazineより)

神のみ旨が常に実現しますように(BWV111)

 この曲は公現後第3主日のために作られ、1725. 1.21ライプツィヒで初演されましたが、教会暦ではこの日は毎年巡ってきません。

 1725年は、BACHライプツィヒ2年目のいわゆるコラール年間で、この曲もその一つです。 


9d6191ed6a5277dab4e223a410a33412.jpg


 使われたコラールは、BWV73にも用いられたブランデンブルク辺境伯アルブレヒト神信頼コラールです。この日の福音書の内容は「癩病人の癒し」と中風に苦しむしもべが癒やされるエピソードですが、台本には引用されていません。


 トン・コープマン指揮、アムステルダム・バロック・オーケストラ、リサ・ラーソン(S)、アネッテ・マルケルト(A)、クリストフ・プレガルディエン(T)、クラウス・メルテンス(B)の演奏でお聴きください。




 

神のみ旨が常に実現しますように(BWV111)

1.合唱

Was mein Gott will,das g'scheh allzeit,     

神のみ旨が常に実現しますように。

Sein Will,der ist der beste;            

神のみ心は最善のものです。

Zu helfen den'n er ist bereit,           

神は固く神を信じる者を

Die an ihn glauben feste.            

助けようといつも備えておられます。

Er hilft aus Not,der fromme Gott,       

義なる神は苦難の時に助けて下さり

Und zuechtiget mit Massen:           

また時にやさしくこらしめて下さいます。

Wer Gott vertraut,fest auf ihn baut,      

神を信頼し神によって固く立つ者を

Den will er nicht verlassen.           

神はお見捨てになりません。

2.アリア(バス)

Entsetze dich,mein Herze,nicht,        

うろたえるな、私の心よ、

Gott ist dein Trost und Zuversicht       

神はあなたの慰め、また拠り所、

Und deiner Seele Leben.             

あなたの魂の命です。

Ja,was sein weiser Rat bedacht,         

そうです、神の賢い配慮の定めには

Dem kann die Welt und Menschenmacht    

この世も人の力も

Unmo glich widerstreben.             

逆らうことはできないのです。

3.レチタティフ(アルト)

O Toerichter! der sich von Gott entzieht   

愚かな人よ。神を避けて、

Und wie ein Jonas dort              

ヨナのように遠くへ、

Vor Gottes Angesichte flieht;          

神のみ前から逃げて行く人よ。

Auch unser Denken ist ihm offenbar,      

私たちの思いは神の前に明らかであり、

Und unsers Hauptes Haar            

私たちの髪の毛もすべて

Hat er gezahlet.                  

数えられているのです。

Wohl dem,der diesen Schuetz erwaehlet    

幸いな人よ。

Im glaeubigen Vertrauen,             

希望と忍耐によって神の約束の言葉を

Auf dessen Schluss und Wort          

目のあたりにできると

Mit Hoffnung und Geduld zu schauen.      

信じ信頼して神の守りを選び取る人は。

4.アリア(二重唱・アルト・テノール)

So geh ich mit beherzten Schritten,      

だから私は足取りも軽く進む。

Auch wenn mich Gott zum Grabe führt.   

たとえ神が私を墓へと導かれるとしても。

Gott hat die Tage aufgeschrieben,       

神は私の日を数えておられるのだから、

So wird,wenn seine Hand mich ruehrt,     

神のみ手が私をとらえる時、

Des Todes Bitterkeit vertrieben.         

死の苦い味も取りのぞかれるのです。

5.レチタティフ(ソプラノ)

Drum wenn der Tod zuletzt den Geist      

死がついに来て、私の霊を

Noch mit Gewalt aus seinem Koerper reisst,  

無理やり肉体から引き離す時、

So nimm ihn,Gott,in treue Vaterhaende!     

ああ、神よ、真実の父のみ手に私の霊を 

Wenn Teufel,Tod und Suende mich bekriegt   

受け入れて下さい。悪魔と死と罪が私を

Und meine Sterbekissen              

責めたて、私の死の床が戦いの場となる時、

Ein Kampfplatz werden muessen,         

ああ、助けて下さい、あなたにあって、

So hilf,damit in dir mein Glaube siegt!      

私の信仰が勝利しますように。

O seliges,gewuenschtes Ende!           

おお、待ち望みし至福の終わりの時よ。

6.合唱

Noch eins,Herr,will ich bitten dich,      

もう一つ、主よ、お願いがあります。

Du wirst mir's nicht versagen:        

あなたは拒絶なさらないでしょう。

Wenn mich der boese Geist anficht,     

悪の霊が私を誘惑する時、

Lass mich doch nicht verzagen.        

どうぞ私を臆させないで下さい。

Hilf,steur und wehr,ach Gott,mein Herr,    

み名の栄光のために私を助け、支え、

Zu Ehren deinem Namen.            

守ってください、私の主なる神よ。

Wer das begehrt,dem wird's gewahrt;     

切に求める者は願いをかなえられます。

Drauf sprech ich froehlich:Amen.        

だから私は喜んでアーメンと歌います。

                       対訳:川端純四郎


マタイによる福音書 第8章 1~13

 イエスが山を下りられると、大勢の群衆が従った。すると、一人の重い皮膚病を患っている人がイエスに近寄り、ひれ伏して、「主よ、御心ならば、わたしを清くすることがおできになります」と言った。イエスが手を差し伸べてその人に触れ、「よろしい。清くなれ」と言われると、たちまち、重い皮膚病は清くなった。イエスはその人に言われた。「だれにも話さないように気をつけなさい。ただ、行って祭司に体を見せ、モーセが定めた供え物を献げて、人々に証明しなさい。」

 さて、イエスがカファルナウムに入られると、一人の百人隊長が近づいて来て懇願し、「主よ、わたしの僕が中風で家に寝込んで、ひどく苦しんでいます」と言った。そこでイエスは、「わたしが行って、いやしてあげよう」と言われた。すると、百人隊長は答えた。「主よ、わたしはあなたを自分の屋根の下にお迎えできるような者ではありません。ただ、ひと言おっしゃってください。そうすれば、わたしの僕はいやされます。わたしも権威の下にある者ですが、わたしの下には兵隊がおり、一人に『行け』と言えば行きますし、他の一人に『来い』と言えば来ます。また、部下に『これをしろ』と言えば、そのとおりにします。」 イエスはこれを聞いて感心し、従っていた人々に言われた。「はっきり言っておく。イスラエルの中でさえ、わたしはこれほどの信仰を見たことがない。言っておくが、いつか、東や西から大勢の人が来て、天の国でアブラハム、イサク、ヤコブと共に宴会の席に着く。だが、御国の子らは、外の暗闇に追い出される。そこで泣きわめいて歯ぎしりするだろう。」そして、百人隊長に言われた。「帰りなさい。あなたが信じたとおりになるように。」ちょうどそのとき、僕の病気はいやされた。

都市の緑化で「喘息」の入院率が低下!

「樹木の多さ」が大気汚染防止に絶大な効果を発揮

 英エクセター大学医学部のIan Alcock氏らの研究チームは、「大気汚染が悪い都市部でも樹木が多い地域ならば、喘息で入院するリスクは低下する」とする研究論文を『Environment International』12月号に発表しました。

 発表によれば、Alcock氏らは1997~2012年に英国の都市部2万6455地区で記録された喘息による入院約65万件のデータを分析し、地区間で喘息による入院率を比較しました。その結果、「大気汚染レベルが最も高い地区」では「樹木の多さ」が喘息による入院率の低下と関連していました。



 たとえば、大気中の微小粒子状物質PM2.5の濃度が約15μg/m3、あるいは二酸化窒素(NO2)の濃度が約33μg/m3の地区は、樹木が1km2当たり300本多ければ、喘息による入院が住民10万人当たり50件減少する事実が判明しました。ただし「大気汚染レベルが低い地区」では樹木が多くても喘息による入院率の低下は認められませんでした。

 一方、「大気汚染レベルが低い地区」では緑地や庭園が多ければ、喘息による入院率が低下しました。ただ、「大気汚染レベルが最も高い地区」では緑地や庭園の多さと喘息による入院率の低下との関連は認められませんでした。

 Alcock氏は「緑地や庭園が多い効果は汚染物質の濃度が低い地区で認められ、樹木が多い効果は汚染物質の濃度が高い地区で認められる。つまり、都市部の植生はデメリットよりもメリットが大きいが、植生の効果は一様でない」と説明しています。

 なお、植生の種類によって喘息による入院率への影響に違いがある理由について、Alcock氏は「草の花粉は大気汚染物質との相互作用でアレルギー症状を引き起こしやすくなるため、大気汚染レベルが高い地区では緑地や庭園によるメリットが小さい。一方、樹木は大気から汚染物質を除去するため、汚染レベルの最も高い地区なら最大のメリットが生じる」と語っています。


大気汚染と重篤疾患の元凶「PM2.5」に警戒を!

 PM2.5などの微小粒子状物質は、大気中に浮遊している2.5μm(1μmは1mmの1000分の1)以下の小さな粒子。従来の環境基準が定める浮遊粒子状物質(SPM:10μm以下の粒子)よりもさらに小さな粒子です。

 微小粒子状物質は、燃焼によって排出される物質と、硫黄酸化物(SOx)、窒素酸化物(NOx)、揮発性有機化合物(VOC)などのガス状大気汚染物質が大気中の化学反応によって粒子化した物質とがあります。

 発生源は、ボイラー、焼却炉などのばい煙を発生する施設、コークス炉、鉱物の堆積場などの粉じんを発生する施設の他、自動車、船舶、航空機などの人為起源のもの、土壌、海洋、火山などの自然起源のものに分かれます。

 PM2.5の濃度は、季節による変動があります。毎年3~5月頃に濃度が上昇し、夏~秋に比較的安定します。春先は黄砂も飛来するので注意が必要です。黄砂は、東アジアの砂漠域(ゴビ砂漠、タクラマカン砂漠など)や黄土地帯から強風によって大気中に舞い上がった黄砂粒子が浮遊・降下する現象です。

 住んでいる地域のPM2.5などの大気汚染物質濃度を知りたいときは、大気汚染物質広域監視システム「そらまめ君」のサイトが参考になります。


http://soramame.taiki.go.jp/


 都市の緑化でPM2.5の濃度が抑制され、喘息が減るのは朗報です。ただ、冬季は樹木が立ち枯れて瑞々しさが失われるのは少し寂しい。冬来りなば春遠からじ。PM2.5などの大気汚染物質への警戒も怠らないようにしましょう。

(Health Pressより)

「スマホ依存」社会が脳に異変を起こす!?

 相撲界を揺るがす大騒動となった日馬富士の暴行事件。日馬富士を激昂させた原因のひとつは、貴ノ岩の<説教中にスマホ操作>だといわれています。

 どんな理由があっても、暴力は許されるものではありません。しかしこの一件についての報道には「先輩の説教中にスマホをいじる貴ノ岩にも問題が」と咎めるような論調もありました。



 大事な話の最中でも、スマホが鳴れば気になってしまう――街中では、子どもから目を離してスマホ操作に没頭する親も少なくありません。大学でも、授業中にスマホをいじる学生に対して、「必要な調べものをしているかも……」と教員も注意しかねると聞きます。

 スマホの用途は多岐に渡り、知人との連絡や情報収集から仕事まで、どれも日々の生活に役立つもの、と主張する向きはあります。しかし「スマホ依存は脳内の神経伝達物質のバランスに異常を及ぼす」という研究結果を知れば、便利さの裏の危険性にも目を向ける気になるでしょうか。


ギャンブルやポルノの依存症にも匹敵

 その研究は、韓国・高麗大学のHyng Suk Seo氏らが実施。対象は「インターネット依存症」または「スマホ依存症」とされた10代の男女19人と、同じ年齢、性別の依存症のない健康な男女19人。依存症患者には、インターネットやスマホの依存症の重度を測定する検査を実施しています。

 その結果、インターネットやスマホの依存症患者には、依存症でない人に比べて「グルタミン(Glx)」に対する「yアミノ酪酸(GABA)」の活性レベルが高いことが示されました。

 GlxとGABAはいずれも脳内の神経伝達物質ですが、Glxは興奮性、GABAは抑制性の物質とされています。同氏らによると、これまでの研究で、GABAは視機能や運動調節、不安などさまざまな脳機能の制御に関与することが明らかにされているといいます。

 この研究結果を受け、米コーエン小児医療センターのSanjeev Kothare氏は「インターネットやスマホへの依存症は、ギャンブルやポルノへの依存症に匹敵する病態かもしれない」との見方を示しました。

 また、同氏は10代の子を持つ親に対して「もし、我が子が<スマホ中毒>ではないかと心配なら、スマホやコンピュータの使用を制限すべきだ」と話しています。


0歳〜5歳のスホマ接触率は58.8%にも

 いまや、中高生のスマホ依存は、大人が思っている異常に深刻な領域に突入しています。スマホ依存の実態をルポした『スマホ廃人』(石川結貴・文春新書)によれば、さまざまなグループとLINEのやり取りをして、休日には連続10時間の操作を続け、数時間スマホを放置すれば未読メッセージが100件、200件と<積もる>女子高生もいます。

 さらに、子育てにスマホが必須の現代では、乳幼児のときから<スマホ漬け>が始まっており、0歳〜5歳のスホマ接触率は58.8%にも達しているといいます。

 どんなに現状を嘆いても、スマホのない時代には戻れません。いかに節度をもちスマホと付き合うかが問われる今、生身の人間とのコミュニケーションを大切にすることが唯一の処方薬なのかもしれません。ところが、今や人と会うのもスマホを介さないと叶わないのですから、頭の痛い問題です。

(Health Pressより)