アルカリ石けんが「悪玉菌」の勢力をのばす!?

 人間が一生を共にするパートナー。それが「細菌」です。私たちは、オギャーと産声を上げる前に母親の産道などで細菌と出合います。この瞬間に、消化管や口の中、皮膚などに細菌を棲まわせます。

 細菌が最も多くいるのが腸で、その数は100兆~1000兆個。人体を構成する細胞が約60兆個ということは、腸の中だけで細胞の数よりはるかに多い細菌がいるわけです。腸内細菌は、悪玉菌の感染を予防したり、免疫活性を上げたり、人間が消化できない栄養分を消化したり、さまざまな役目を果たしています。人間と細菌は、まさに「共栄共存」の関係です。


行き過ぎた除菌・抗菌は健康に悪影響を

 これほど慣れ親しんでいる細菌ですが、日本人には「たくさんの菌がいるのは汚い」という先入観が植え付けられています。テレビからは「除菌」「抗菌」グッズのコマーシャルが繰り返し流れてきます。生まれたときから私たちは、多種多様な菌と共に暮らしてきたはずなのに……。

 「行き過ぎた除菌・抗菌は健康に悪影響を与える」と警鐘を鳴らす細菌学者や医師は多く、「清潔すぎる環境に育った子どもは免疫の発達が弱く、アレルギー性疾患になりやすい」などの研究報告があります。身近な細菌について、ら私たちが誤解していることが多いようです。



洗いすぎると汚くなる

 科学技術の進歩で、人間の体に棲む細菌の研究が急激に進んでいます。1950年代に腸内細菌の培養研究が進み、どのような構成をしているかが明らかになってきました。しかし、腸内細菌のほとんどが酸素を嫌うため、培養できる細菌はほんの数割に過ぎませんでした。

 ところが1990年代に入って「遺伝子解析」の技術が進展し、2000年代には「メタゲノム解析」で一括して遺伝子情報を調べられるようになりました。そのおかげで、培養困難な腸内細菌が発見されるようになったのです。こうしてアメリカやヨーロッパなど各国で腸内細菌の研究が進められ、続々と論文が発表されています。

 こうした研究の結果、人間の腸や口の中、皮膚、鼻など、体の穴という穴すべてに棲む細菌たちは、互いに勢力争いをしたり、一致団結したりしながら、複雑なネットワークを作っていることがわかってきました。

 たとえば皮膚。「ばい菌をやっつけよう!」と殺菌消毒成分を含む石けんで体を洗っている人は少なくありません。ところが、実はこれが皮膚の細菌に悪影響を与え、「バリア機能」を低下させているといいます。

 皮膚の表面には「皮膚常在菌」がいます。その数は、手の表面の皮膚で1平方センチ当たり約1000個といわれています。皮膚常在菌には、善玉菌である「表皮ブドウ球菌」と悪玉菌の「黄色ブドウ球菌」などがあります。

 表皮ブドウ球菌は、皮脂や汗をエサにして、皮膚の表面を弱酸性に保ちます。こうして、アルカリ性を好む黄色ブドウ球菌やカビなどの繁殖を防いでいるのです。

 ところが、殺菌消毒成分を含む石けんで体を洗うと、皮膚常在菌が洗い流されます。石けんはアルカリ性であるため、皮膚の表面もアルカリ性に傾きます。そして悪玉菌が勢力を伸ばすというわけです。


細菌も人間社会と同様に「バランス」が大事

 日常よく耳にする「善玉菌」「悪玉菌」「日和見菌」という言葉を最初に使ったのは、腸内細菌学のパイオニアである東京大学名誉教授の光岡知足氏です。光岡氏は、腸内細菌の生態系である「腸内フローラ」は人間社会の縮図のようだと語ります。

 人間社会はさまざまなタイプの人がいることでバランスが保たれています。悪がはびこれば社会は腐敗しますが、すべての悪を排除しようとする「排他主義」では全体の調和が崩れます。

 腸内フローラも、「善玉菌が2割」あれば、大多数の日和見菌も安定し、悪玉菌からの影響を受けにくい。人間社会と同様、「悪玉さえ追っ払ってしまえばいい」という単純な勧善懲悪では、腸内フローラの調和が崩れます。善玉菌を一定の割合に保つことが重要です。

(Health Pressより)

道路を白く塗装して平均気温を3度下げるロサンゼルスの温暖化対策

 日本でも夏真っ盛りになると、うだるような暑さに襲われて「これが地球温暖化か」と妙に納得してしまうことがありますが、アメリカでは猛暑のせいで飛行機が飛べない事態が発生したり、暑くなった自動車の中でクッキーが焼けるというニュースが報じられたりと、日本の予想を上回る暑さに襲われています。



 そんな中、太陽がさんさんと照りつけるロサンゼルスではなんと道路を白く塗装することで太陽光を反射し、都市部の気温の上昇を和らげるという取り組みが行われています。

 この措置は、夏の時期に酷暑に見舞われるロサンゼルス市が打ち出したもので、計画では今後20年にわたって夏の気温をセ氏3度下げることを目標に進められています。同市では、日本でもよく耳にする「ヒートアイランド現象」に悩まされており、特に都心部における気温の上昇は異常ともいえるレベル。その原因は、市街地に影をもたらす街路樹などの植物が少なく、熱を蓄える高層ビルが林立し、地面が黒いアスファルトに覆われることで、都市全体が熱を吸収する構造になっているところにあると考えられています。



 そこで、「道路を白く塗装する」という発想でヒートアイランド現象を軽減しようというのが、ロサンゼルス市が進めている計画というわけです。すでに計画は実行に移されており、市の道路当局が道路に特殊な白い塗料を塗っている様子がTwitterで公開されています。

 この塗料はGuardTop社の「CoolSeal」と呼ばれるもので、実際には薄い灰色をしているとのこと。もとは軍用に開発されたもので、空港の地面に塗ることで偵察機の発熱を抑え、敵陣地に潜入しても赤外線カメラで捕捉されないようにするための特殊な塗料だそうです。以下の写真のように、タンクローリーから地面に塗料をまき、レーキのようなもので塗り広げているのがわかります。


1.jpg


2.jpg


 実際に都市全体の発熱を抑えるには、道路だけでなく家屋の屋根やビルの壁面にも塗布することが求められるはずですが、まずは道路から計画は進められている模様。はたして、多くの自動車が通る路面での耐久性はどうなのか、予算はどのぐらいかかるのか、そして実際の効果はどれほどのものになるのか、世界でも類を見ないナナメ上な計画だけに、世界中から注目が集まりそう。ロサンゼルス市のガルセッティ市長は地球が直面している気候変動問題について、「これは喫緊の挑戦であり、個人の問題を超えています。気候変動は、ロサンゼルスや他の街に住む人々、そして日々生活を送る世界中の人々の生活において事実です」と、トランプ政権によるパリ協定脱退に反対する声明の中で語っています。

 なお、「街を白く塗る」という対策はこれが初出ではなく、2009年にはノーベル物理学賞受賞者でアメリカのエネルギー省長官をつとめたこともあるスティーブン・チュー氏が提唱していたこともあります。

(Gigazineより)

感謝を捧げる者、我を讃えん(BWV17)

 三位一体主日後第14主日の今日聴く日曜カンタータは、1726.9.22ライプツィヒで初演された「ルードルシュタット歌詞集」に基づくカンタータです。その特徴は第1部と第2部の冒頭で旧約・新約の聖句をそれぞれ引用して対比しています。


jesus_healing.jpg


 当日の福音書聖句は、イエスによる癩病人の癒やしについて語っています。癒やされた10人のうち、戻ってきて感謝をしたのは、世間から疎んじられているサマリア人だけでした。このカンタータは感謝の問題を掘り下げています。


 トン・コープマン指揮、アムステルダム・バロック・オーケストラ、サンドリーヌ・ピオー(S)、ボグナ・バルトシュ (A)、クリストフ・プレガルディエン(T)、クラウス・メルテンス(B)の演奏でお聴きください。





感謝を捧げる者、我を讃えん(BWV17)

1.合唱

Wer Dank opfert, der preiset mich,

感謝のいけにえを捧げる者、その者は私をほめたたえる、

und das ist der Weg, daß ich ihm zeige das Heil Gottes.≪

そしてそれが道である、私がその者に神の救いを示すそのことである。

2.レチタティーヴォ(アルト)

Es muß die ganze Welt ein stummer Zeuge werden

全世界が物言わぬ証しとなるにちがいない

von Gottes hoher Majestaet,

いと高き神の御稜威(みいつ)についての証しと、

Luft, Wasser, Firmament und Erden,

空、水、蒼穹(おおぞら)そして大地、

wenn ihre Ordnung als in Schnuren geht;

それらの秩序が計り縄で計ったように正しく保たれているならば;

ihn preiset die Natur mit ungezählten Gaben,

自然は、神がその懐に備えられたところの

die er ihr in den Schoß gelegt,

数えきれない賜物をもって、神を誉め讃え、

und was den Odem hegt,

そして全て生きとし生けるものは、

will noch mehr Anteil an ihm haben,

なおのこと神に心を寄せようとする、

wenn es zu seinem Ruhm so Zung als Fittich regt.

彼らが神の栄光を讃えようとして翼のように舌を動かすたびに。

3.アリア(ソプラノ)

Herr, deine Güte reicht, so weit der Himmel ist,

主よ、あなたの慈しみはあまねく天に及び、

und deine Wahrheit langt, so weit die Wolken gehen.

あなたの真実(まこと)は雲の行く手に広がります。

Wüßt ich gleich sonsten nicht, wie herrlich groß du bist,

いかにあなたが大いなる方であるのかを、

たとえ私が知らなかったとしても、

so könnt ich es gar leicht aus deinen Werken sehen.

私はそれをあなたの御業からいともたやすく知ることができたでしょう。

Wie sollt man dich mit Dank davor nicht stetig preisen?

いかに人はそのことに感謝をもって常にあなたを誉め讃えずに

いられないことでしょうか?

da du uns willt den Weg des Heils hingegen weisen.

あなたはまた私たちに救いの道を示してくださるのですから。

4.レチタティーヴォ(テノール)

Einer aber unter ihnen, da er sahe, daß er gesund worden war,

しかしそのうちのひとりは、自分がいやされたことを知り、

kehrete um und preisete Gott mit lauter Stimme und fiel auf sein

Angesicht zu seinen Füßen und dankete ihm,

大声で神をほめたたえながら帰ってきて、

イエスの足もとにひれ伏して感謝した。

und das war ein Samariter.≪

これはサマリヤ人であった。

5.アリア(テノール)

Welch Übermaß der Güte

何と身に過ぎた慈悲を

schenkst du mir!

与えてくださることでしょう!

Doch was gibt mein Gemüte dir dafür?

しかしいったい私の心根はあなたに何をお返しするのでしょうか?

Herr, ich weiß sonst nichts zu bringen,

主よ、私は捧げるべきものを何も知りません、

als dir Dank und Lob zu singen.

ただあなたに対して感謝と讃美を歌う以外には。

6.レチタティーヴォ(バス)

Sieh meinen Willen an, ich kenne, was ich bin:

私の思いをご照覧あれ、私は自分が何ものかを知っています。

Leib, Leben und Verstand, Gesundheit, Kraft und Sinn,

肉体、生命そして思慮分別、健康、活力そして五感、

der du mich läßt mit frohem Mund genießen,

それらはあなたが与えてくださったもの、

私の口が喜びの声を上げるもので、

sind Ströme deiner Gnad, die du auf mich läßt fließen.

あなたの恵みあふれる流れ、私の上に降り注がせてくださる流れです。

Lieb, Fried, Gerechtigkeit und Freud in deinem Geist

聖霊における、愛、平和、正義そして喜びは

sind Schätz, dadurch du mir schon hier ein Vorbild weist,

それによってすでに天にあるものの写しをわたしたちに

示してくださっているところの宝物です、

was Gutes du gedenkst mir dorten zuzuteilen

すなわち、あなたが天においていかに良いものを私に分かち与えようとし

und mich an Leib und Seel vollkommentlich zu heilen.

そして私の身と魂に全き救いを与えようとしておられるのかを

示しておられるのです。

7.コラール

Wie sich ein Vatr erbarmet

まるで父親が

übr seine junge Kindlein klein:

彼の幼子たちを慈しむように、

So tut der Herr uns Armen,

そのように主は私たちを憐れんでくださる、

so wir ihn kindlich fürchten rein.

私たちが子どものように無邪気に主を畏れるならば。

Er kennt das arme Gemächte,

主はこの哀れな被造物を知り給う、

Gott weiß, wir sind nur Staub.

神は、私たちがただの塵に過ぎないことを知っておられる。

Gleich wie das Gras vom Rechen,

あたかも熊手のもとにある草、

ein Blum und fallendes Laub,

一輪の花、そして落ち行く木の葉が、

der Wind nur drüber wehet,

風がその上をただ一吹きすると、

so ist es nimmer da:

それだけでもはや消え去ってしまう、ちょうどそのように:

also der Mensch vergehet,

そのように人は過ぎ去り、

sein End, das ist ihm nah.

その終わり、それは彼の間近に来ていることを。

                      対訳:葛の葉より

ルカによる福音書 17,11-19

イエスはエルサレムへ上る途中、サマリアとガリラヤの間を通られた。ある村に入ると、らい病を患っている十人の人が出迎え、遠くの方に立ち止まったまま、声を張り上げて、「イエスさま、先生、どうか、わたしたちを憐れんでください」と言った。イエスはらい病を患っている人たちを見て、「祭司たちのところに行って、体を見せなさい」と言われた。彼らは、そこへ行く途中で清くされた。その中の一人は、自分がいやされたのを知って、大声で神を賛美しながら戻って来た。そして、イエスの足もとにひれ伏して感謝した。この人はサマリア人だった。そこで、イエスは言われた。「清くされたのは十人ではなかったか。他の九人はどこにいるのか。この外国人のほかに、神を賛美するために戻って来た者はいないのか。」それから、イエスはその人に言われた。「立ち上がって、行きなさい。あなたの信仰があなたを救った。」

世界中で近視が急増 ウォーキングで自然光を浴びると近視対策に

 約50年前から近視の人口が世界的に急増しています。背景にあるのは、スマートフォンやパソコンなどのデジタル デバイスが普及し、目を酷使する生活が多くの人で定着していることにあります。屋外の自然光に含まれる「バイオレットライト」が、近視の進行を抑えるという研究が発表されました。


kinshi.jpg


2050年までに世界の半数の人が近視に

 2050年には世界人口の半数に当たる約50億人が近視になり、そのうち約10億人は失明リスクがあるという予測をオーストラリアのブライアン ホールデン視覚研究所が発表しました。同研究所の推計によると、2000年時点では世界人口の22.9%に当たる約14億人が近視で、うち約1億6,000万人が強度の近視だといいます。強度近視は失明の主要な原因で、2000年から2050年にかけて7倍に増加すると予測しています。

 近視は今後も増加し続け、2050年には世界人口の49.8%に当たる約47億6,000万人が近視となり、約9億4,000万人が強度近視になるといいます。同研究所では対策として、

▽眼科検査を定期的に受けること。▽子どもの眼科診断を徹底させる。▽メガネやコンタクトレンズなど視力を矯正する手段へのアクセスを改善する。▽運動不足を解消し、屋外で過ごす時間を増やすことなどを挙げています。


近視の進行に「環境」が大きく関わっている

 近視のほとんどは眼球が前後に伸びてしまうことが原因で起こります。近視になると後ろに伸びた分、網膜で合わせるはずのピントが前にずれて、遠くのものが見えにくくなります。子どもは、体が成長期ということもあり近視が進みやすい側面があるが、人によって近視は一生かけて進行する場合があります。

 近視になる原因は大きく「遺伝」と「環境」の2つがあり、このうち注目されているのは環境の影響です。テレビやゲームを近くで見たり、スマートフォン、パソコン画面や本を近くで見て作業する生活行動を「近業」といい、近年は子どもだけでなく、大人の生活行動でも定着しています。


屋外で自然光を浴びると近視を抑えやすい

 世界的に近視人口が増加しているのは、外にいるときにしか浴びることのできない「バイオレットライト」が不足しているためで、慶應義塾大学医学部眼科学教室の坪田一男教授らの研究で、近視の環境因子の一端が明らかになりました。

 特定の波長の光が健康に影響を与えるといえば「ブルーライト」(波長が380~500ナノメートル)が思い浮かびますが、目への負担だけでなく、不眠やうつ、高血圧、肥満などのリスクなどを高めると話題になっています。「バイオレットライト」(360~400ナノメートル)は、それより波長が短く、屋外の環境光にのみ含まれる光です。

 坪田教授がバイオレットライトに注目したきっかけは、高度近視の治療として眼内レンズ(水晶体の代わりに目の中に挿入するレンズ)を入れた患者の中で、近視の進行度に差が出ることがあることだといいます。

 研究チームは、近視のヒヨコを使った実験で、バイオレットライトを浴びたヒヨコでは、近視の進行を抑える遺伝子の数値が上昇していることを確認しました。


walking.jpg


屋外に出てウォーキングをすると効果的

 また、ヒトを対象とした臨床研究からも、バイオレット光を透過するコンタクトレンズを着用している人の方が、透過しないコンタクトレンズやメガネを着用している人よりも眼軸の伸び(近視の進行)が抑制されていることや、メガネを装着していると近視が進行することが判明しました。「1日2時間以上、外で遊んでいる子どもは、両親が近視でも近視になりにくいことが知られています。屋外光にのみ含まれるバイオレット光を浴びている時間の違いだったと考えると説明ができます」と、研究者は述べています。

 さらに、日常的に使用しているLEDや蛍光灯などの照明には、バイオレットライトがほとんど含まれておらず、メガネやガラスなどの材質もバイオレットライトをほとんど通さないことが分かりました。バイオレットライトを十分に浴びるためには、日中に屋外に出て、ウォーキングなどで体を動かすことが効果的だといいます。平日に屋外で活動するのが難しいという人も、週末はなるべく屋外で運動をすることが勧められます。


目に合ったメガネやコンタクトレンズを

 視力を低下させてないために必要なことは、屋外での活動を増やすことに加え、近業の時間を短くすること、適切な眼鏡やコンタクトレンズを使用することです。目のレンズの焦点が合わず、ボヤけたものを見続けていると眼球が伸びてしまうことが実験で確かめられています。

 見えにくいのでれば、検査を受けて適切な視力を把握してメガネやコンタクトレンズを使用することが大切です。注意しなければならないのは、実際の視力に合わせて理想的に調整したメガネやコンタクトレンズを使用していても、歳をとって目の調節力が少しずつ落ちてきてピントが合わない状態になり、疲れ目になることです。


目をリラックスさせ、明るい場所で作業することが大切

 近視の多くはメガネやコンタクトレンズを作成するときに、遠くがよく見えるように作っています。そのようなメガネやコンタクトレンズを用いて、読書をしたり事務作業をしている人の多くで、眼精疲労が生じています。 眼精疲労に関係する目の筋肉には、目にある内直筋と、水晶体の厚みを変えるときに使われる毛様体筋があります。毛様体筋の疲労の原因のひとつは「長時間の手元の作業」、もうひとつは「暗いところでの手元の作業」です。

作業が1~2時間以上も続く場合は、途中で遠くの景色を見たり、首の運動や背伸びなどをして、毛様体筋をリラックスさせると眼精疲労を防ぐことができます。

 暗い所でデスクワークなどをすると、瞳孔は多くの光を取り入れようと大きくなるためピントを合わせにくくなり、毛様体筋に通常以上に負担がかかり、眼精疲労が起こりやすくなります。デスクワークなどの作業をするときは、ときおり休憩を挟み目の筋肉をリラックスさせることと、明るい所で行うことが大切です。

(保健指導リソースガイドより)

音声アシスタントが人類にもたらす「悪夢のような未来」

 アマゾンとマイクロソフトは両社の音声アシスタント、「アレクサ(Alexa)」と「コルタナ(Cortana)」が年内に相互連携して使えるようにすると発表しました。この提携は両社にウィンウィンの結果をもたらす話であるとされています。アレクサはWindows 10搭載のデスクトップPCやラップトップへのアクセスを得ることになります。コルタナ側はアマゾンの音声スピーカーへのアクセスを得られます。


無題.jpg


 今回の提携に際しアマゾンのジェフ・ベゾスは同社のアレクサが将来的には、アップルのSiriや、グーグルのグーグルアシスタントと会話する未来も考えていると述べました。しかし、具体的な交渉はまだ進んでいないといいます。

 アップルは同社の音声アシスタントスピーカー、「Homepod」を今年後半にリリースの予定ですが、Siriを他社製品と連携させる考えはないといいます。全てのデータを自社に取り込みたいと願うグーグルには、また別の考えがあるようです。

 アマゾンとマイクロソフトが提携を発表した同じ日に、グーグルは同社の音声アシスタントがソニーやパナソニック、オンキヨー等のブルートゥーススピーカーでも利用可能になるとアナウンスしました。ソニーはただちに、アップルのHomepodのほぼ半額のAIスピーカーの発売を宣言しました。ソニーのデバイスはグーグルアシスタントを通じ、LGやGEらが発売する家電製品との連携が可能になります。

voice-assistant01.png

 音声アシスタント分野への注目が高まるなかで、ニュースメディア「Wired」はこのテクノロジーがもたらす、悪夢のような未来に言及しました。職場から疲れきって帰宅すると、アレクサのスピーカーがアマゾンプライムで始まった新しいTV番組について話はじめ、冷蔵庫のミルクが残り少ないから、ホールフーズで買うように呼びかけます。

 その横から、グーグルの音声アシスタントが、本日の注目ニュース20本の読み上げを開始し、洗濯物が出来上がっていることや、ユーチューブの人気動画を知らせようとします。それらの情報を全て聞いた後、ラップトップを開くとコルタナが同じ情報をまた一から全部、あなたに教えようとするのです。

 これが現実になるとしたら悪夢と呼ぶしかありません。しかし、テック業界の大手はユーザーの時間を奪うことに必死だし、それは既にスマホへのテキストメッセージでの通知で行われています。音声アシスタントが同じことをやろうとするのは、自然な流れなのです。

 テクノロジー業界は一致団結して、ユーザーに音声で呼びかける試みを開始しました。これは考えようによっては、旧約聖書に描かれた「バベルの塔」の逸話を想起させます。ノアの大洪水ののち、同じ言葉を話すノアの子孫らは力を合わせ、天に届くほどの高い塔を作ろうとしました。しかし、人々の傲慢さに怒った神は、言語を混乱させ、人々を各地に散らして塔の完成を妨げました。バベルとはヘブライ語で「混乱」を意味する言葉です。バベルの塔という言葉は、人間の傲慢さに対する戒めや、実現不可能な計画を意味するものとして用いられています。

(Forbesより)